≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出雲大社参拝の後はいったん宿に戻りました。

今回お世話になったのは、北斗家御用達の旅籠屋出雲大社店さん。
実はこのお宿、出雲大社の一の鳥居の内側にあるんですよ。
出雲大社まで歩いても5分くらいで超便利なロケーション。

旅籠屋の駐車場から見た一の鳥居
CIMG1415.jpg



というわけで、朝の参拝の後、宿に戻ってちょっと休憩、、、
――― しようと思ったのですが、一つ気になったことがあって、

それは、宿の3軒隣にあったパン屋さん。
前日にお散歩してて偶然見つけたのですが、
古民家を改装したような佇まいに、「天然酵母パン」の文字・・・
これは明日絶対行かないと、と思った次第です。

というわけで、割子そばでお腹いっぱいにもかかわらず、
いざパン屋さんへGo!

CIMG1412_20170620110326152.jpg


CIMG1410_20170620110323275.jpg
ブーランジェリー ミケ

CIMG1411.jpg
美味しそうな焼き立てパンがズラ~リ🎵
ハード系、デニッシュ系、定番、おやつ系などなど

普通天然酵母というと、種類が限られるところが多いですが、
ここは結構な品揃えでテンション⤴⤴です。

地元でも人気のパン屋さんらしく、ひっきりなしにお客さんが出入りしていました。
本来はデニッシュ大好き人間な私ですが、
すぐに食べないので、持ち歩きを考えて、今日はあえて、
食パン、一番人気のクレッシェンド、オランダ産ゴーダチーズパン、
大人のメロンパン(コーヒー入り)などを購入。見た目ちょっと地味
初めてのお店ではそのパン屋さんの評価基準としてよく食パンを買います。

食パンは、小麦の風味がしっかりと感じられてとても美味しかったです◎
とうさん曰く、「高級生食パンの〇が美より美味しい」との高評価でした。

気になった方はこちらをどうぞ
ブーランジェリー ミケ


さて、一段落したところで、遅めのチェックアウトをして、出雲観光へ出発~


最初に向かったのは、日御碕灯台です。

海岸線を通って約20分で到着。

CIMG1430.jpg
石造りの真っ白なきれいな灯台です。


CIMG1443.jpg

海面から灯台の頭上までは63.3mと石積みの灯台としては日本一の高さです。

CIMG1436.jpg
高いな~

200円で中に入ることもできます。(今回は北斗がいるのでパスしました)

CIMG1439_20170620112127595.jpg

遊歩道を散策することにしました。
CIMG1446.jpg


海風がとても強く、手で押さえていないと帽子が飛ばされてしまうほどでした。
CIMG1461.jpg


CIMG1445_2017062011213049b.jpg
断崖絶壁
東尋坊を思い出しました。


CIMG1450.jpg

恐れを知らないお二人さん。 風に飛ばされないようにね~

CIMG1452_201706201121343b6.jpg


CIMG1440.jpg

遊歩道の至る所で流紋岩が見られました。
ここの流紋岩は5~10cm大の積み木を束ねたようになっており(柱状節理)、
四~六角柱が組み合わさった幾何学的な形状をしています。

CIMG1448.jpg


風はあっても日差しは結構強くて、北斗は給水中
CIMG1460_2017062011315928b.jpg


遊歩道から灯台をバックにツーショット
CIMG1464_2017062011320280f.jpg


CIMG1471.jpg
北斗、何か見つけた?

CIMG1474.jpg


CIMG1475_2017062011320896b.jpg

風がなければもう少しゆっくり歩けたのですが、
強風のため早めの退去を余儀なくされました。

次に向かったのはすぐ近くの日御碕神社です。

朱塗りの鮮やかな神殿です。
CIMG1488.jpg


日御碕神社は、上の宮(神の宮)と下の宮(日沈宮)に分かれており、
両本社を総称して「日御碕神社」と呼びます。
上の宮は須佐之男命、下の宮は天照大神が祀られています。

伊勢神宮が日本のを守る神社であり、日御碕神社はを守る神社です。

CIMG1483.jpg
下の宮(日沈宮)


CIMG1479_20170620114637f58.jpg

上の宮
階段の上にあるのが上の宮

昨今物騒な世の中になり、
国際テロ、はたまた北の脅威から日本をお守りくださいと
祈らずにはいられません。










今回の旅行は少し変則的な旅でした。
というのも、朝、とうさんを見送った後、私と北斗二人で出雲を目指して、出発!

そして、再び出雲でとうさんと合流して、翌朝出雲大社参拝となりました。

朝7時 二の鳥居前
CIMG1363_20170619152538a4c.jpg


CIMG1360.jpg


CIMG1373.jpg

右手に池があり、アジサイが咲いていました。
CIMG1355.jpg


CIMG1353.jpg


CIMG1357.jpg


CIMG1356.jpg

松の参道もだーれもいません
CIMG1346.jpg


CIMG1376.jpg


CIMG1377_20170619152544227.jpg

至る所にうさぎさんの石像がありました。

CIMG1292_20170619152008f44.jpg


CIMG1294_20170619152010d8e.jpg

ムスビの御神像
CIMG1297.jpg


CIMG1341_2017061916043690a.jpg


御自愛の御神像
CIMG1306.jpg
因幡の白ウサギを助けた神話を元にした像です


CIMG1304.jpg


手水舎で手と口を清めます
CIMG1299.jpg


CIMG1301.jpg

四の鳥居をくぐって、拝殿に着きました。

CIMG1307.jpg
大きいねぇ

CIMG1311_201706191520201fb.jpg


出雲大社では「二礼四拍手一礼」です。
交代でお参りして、北斗も来たことを伝えました。
CIMG1313_20170619152022cd2.jpg

八足門
CIMG1316_201706191546010e0.jpg
この奥に本殿があります。

CIMG1315_20170619154559201.jpg


CIMG1320.jpg

東の十九社
出雲では神在月と呼ばれる10月に全国から
八百万の神々が集まって会議が開かれます。
その時に宿泊されるのがココ。
CIMG1322_20170619154604bf3.jpg
八百万の神様が集まって十九部屋では足りないんじゃないかと・・・
もしかして神様たち、雑魚寝!?

そして、これが本殿 (裏から)
CIMG1323.jpg
60年に一度の遷宮が2013年に行われました。

CIMG1327_20170619154606dde.jpg
そして、ここにもうさぎさんたち

CIMG1330.jpg
素鵞社
大国主命の父神、素戔嗚尊(スサノオノミコト)が祀られている
聞くところによると、出雲大社で一番のパワースポットとか・・・。

CIMG1332.jpg
とうさんと北斗は社を一周して戻ってきました。

CIMG1333.jpg
とうさんにここが一番のパワースポットだと伝えたところ、
「やっぱり!?。社の裏側に何かを感じた」と言っていました。 本当?

CIMG1337.jpg

そして、今度は西の十九社の横を通って拝殿前の牛馬舎に戻ってきました。
(牛と馬は銅像でした)

CIMG1338.jpg


CIMG1339_201706191612080e9.jpg


こうして無事出雲大社の参拝を終え、
近くに朝からやっているお蕎麦屋さんがあると聞いたので行ってみました。
北斗は日陰の駐車場に車を止めて、そこで待機させることにしました。


CIMG1395_20170619161548edd.jpg


CIMG1383_20170619161542bee.jpg

開店したばかりのようで、お客は私たちのみ。
CIMG1389.jpg

とうさんは割子そば5段
CIMG1393.jpg

私は割子そば2段+ぜんざい(そば団子入り)
CIMG1394_2017061916154670a.jpg
おそばは二八そばで、コシが強くとても美味しかったです。
朝からぜんざいは少しきつかったけど、完食しました
そば湯が絶品でした◎

神楽殿の大注連縄は日本最大級
CIMG1400_20170619161549ad2.jpg

最後に神楽殿前で記念のツーショット(ツーショットはこの一枚のみ)
北斗、連れてくれば良かったなぁ(ちょっと後悔💦)

駐車場に戻ると、観光バスが止まっていて、
バスから降りてきた大勢の人がガイドさんの案内を聞いているところでした。
これから中に入るのでしょうね。

早く行って良かった~


そして、今回もゲットしました、記念バッジ!
CIMG1405.jpg


CIMG1404.jpg
これからも良いご縁がありますように







最近ときどき小林麻央ちゃん(親しみをこめて、ちゃん呼び)のブログ「KOKORO」を読んでます。
改めてガンの恐ろしさ、闘病の辛さを知り、陰ながら頑張ってとエールを送っています。
そして、ついでに海老蔵さんのブログをのぞき見することもあります。
こちらは、その更新の多さに唖然とします。
あんなに忙しい人なのに、よくまぁ時間があるものだと感心します。
でも、どこかで今の生活を俯瞰で見る自分がいて、
ブログが息抜きになっているのかもしれませんね。

それに触発された訳ではありませんが、
私もとっととGWの旅行記を書き上げよう!

********************

さて、桃太郎神社の希望が絶たれた我家、
渋滞と長い信号待ちの間に、必死で考え、
行先は、独断で滋賀県の醒ヶ井宿に決定!
主人からはブーイングでしたが、そんなの気にしない。

実際主人は助手席で寝てたので、どこに向かおうと主人にはどうしようもないのです。
そして犬山市から国道21号(高速代節約)を約1時間40分ひた走って醒ヶ井駅に到着。
醒ヶ井宿に行くのは2度めで、前回は夏でした。

CIMG0847_20170609141204a4a.jpg


CIMG0848_20170609141205bdc.jpg

気温が高かったので、北斗には再びクールベストを着せました。
CIMG0850.jpg

梅花藻がほんの少し咲いていました
CIMG0852_201706091412087d7.jpg

梅花藻を見る北斗
CIMG0857.jpg


可憐で可愛い~♡
CIMG0877.jpg


CIMG0855_20170609141210015.jpg




お醤油さんで小休止。
CIMG0868_2017060914205323f.jpg

CIMG0859.jpg

ベンチでしょうゆソフトを食べていると、通りすがりの方から声をかけられました。
CIMG0860.jpg


ちらっ
CIMG0862.jpg


CIMG0866.jpg

お坊さんのように容器をきれいにします。
CIMG0864.jpg
鼻ぶーのぶちゃいく顔が私は結構お気に入りだったりします。

そして、また川沿いを散策。
陽射しはきつかったけど、陰に入ると、
風がスーッと通り抜けて気持ち良かったです。
CIMG0872.jpg


CIMG0873.jpg


できるだけ日陰を歩いて帰りました。
CIMG0874.jpg

まだ日暮れまでには少し時間があったので、
彦根城近くの庄堺公園に行ってみることにしました。
この公園には無料のバラ園があります。

が、行ってみると・・・
CIMG0886.jpg

バラが・・・
ない・・・💦


やっちまったな!
ちょっと早かったようです。

この日咲いていたバラを一挙公開!
CIMG0887_201706091435269f4.jpg


CIMG0883.jpg

CIMG0881.jpg


CIMG0884_201706091435232bf.jpg


CIMG0888.jpg


CIMG0889.jpg

これで全てです。合計6輪 

これはこれで、宝探しのようで楽しかったです(負け惜しみ)が、
きっと今頃は、満開のバラが咲いていることでしょう。


CIMG0882_2017060914352097d.jpg
(こちらは一見つるバラに見えますが、実はバラではありませんでした💦)

約10分ほどでバラ園を後にして、この後彦根市の大渋滞に巻き込まれて、多賀SAに到着しました。

帰りは渋滞回避で多賀SAを午前2時に出発。
7時に岡山の〇イヤル〇ストでモーニングを食べて帰宅しました(笑)。

これで1.5泊 GWカムイ君ち訪問の旅は終わりです。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。






さて、犬山城まであと2kmという地点で、急に車が混んできました。

急に行先を変更したので、犬山城のリサーチが全くできておらず、
ここから犬山城までどのくらい離れているかもわからないまま
たまたま空いていた成田山名古屋別院の駐車場に止める羽目になってしまいました。
(犬山城に近いところは既に満車との判断でした)

CIMG0843.jpg


CIMG0844.jpg


後で地図で確認したところ、駐車場から犬山城までは1.5kmもありました。

tizu2.jpg

この日の気温は30℃近くまで上がっていました。
犬山城までの距離がわからなかったので、
とりあえず北斗にはクールベストを着せて歩き始めました。

できるだけ日陰を歩こうとしたのですが、
この時はちょうど正午頃で日陰はほとんどありませんでした。

本当はこの時点で犬山城はあきらめるべきでした。

そして歩き続けること20分。
ものすごい人混み、まるで初詣の浅草寺のような所に着きました。
ここが犬山城?と思いきや、そこは三光稲荷神社でした。

犬山城はさらに坂の上のようでした。
坂を登っていくと、この先ペット禁止の看板がありました。

CIMG0837.jpg

入口からちらっと犬山城が見えました。

CIMG0839_2017060416074302a.jpg

しかも天守閣内見学は1時間待ちとのこと。

これは無理!

結局、稲荷神社でわんこのお守りを買って、
赤い鳥居をくぐって、またまた1.5kmの炎天下を歩いて駐車場まで戻ったという、
北斗のとっては悪夢のような犬山城になってしまいました。

北斗、すまんかった!

CIMG0894.jpg


CIMG0842_20170604160746784.jpg


そして本来の目的地である桃太郎神社に向かいました。

犬山城と桃太郎神社は目と鼻の先でした。

が、着いてみてビックリ!
犬山城に勝るとも劣らない人混み!

駐車場はどこも満車。
ここが神社とおぼしき入口にはもう一つの初詣客?!の集団がありました。
見ると、桃太郎の衣装を来た子供が何人もいて遊んでいます。

そうか、今日は
子供の日だった!

例え車が止められたとしても、
この中に北斗を連れて入るのはとても無理でした。

私たちは泣く泣くその場を去りました。

「どうする?」

行く当てもないまま、犬山城&桃太郎神社を後にしました。

つづく









更新をさぼっていたGWの続きです。

早朝九華公園散歩を楽しんだ後は、北上して国営木曽三川公園へ向かいました。
この時ちょっとしたハプニングが・・・。
九華公園を出てすぐに揖斐川と長良川にかかる伊勢大橋があるのですが、
木曽三川公園に行くには途中の中堤にある信号を左折しなければなりません。

tizu1.jpg


CIMG0811_201706021902469ff.jpg


なのに「川の真ん中に信号があるよ。珍しいね~」とか言いながら、
主人は信号をそのまま直進!
えええ~~???
焦った私は「ここ、左折!」と叫んだけど後の祭り。

Uターンできず、橋の反対側まで行ってしまいました。
それだけではありません。
反対側でUターンして、先ほどの中堤の信号まで来て、標識を見て、びっくり!

右折禁止!

ということは、そのまま直進して、伊勢大橋西詰のスタート地点まで戻らないといけません。

あああぁ・・・・ やっちゃったよ~。 (;一_一)ジロ~

そしてまた伊勢大橋を何事もなかったかのように渡ったのでした。
その後は順調に進み、左に揖斐川、右に長良川、
そしてその向こうに木曽川と、三川の眺めを楽しみながらのドライブでした。

CIMG0812_20170602190247b8d.jpg


岡山県でいうと高梁川、旭川、吉井川が河口付近で一か所に流れ込んでいるような感じかな~
想像するとそれって結構すごいんじゃない!

三川公園の駐車場には10時ジャストに着きましたが、すでにたくさんの車が入っていました。
そうか、今日は子供の日だった。
家族連れが、どんどん入口に吸い込まれていきます。
わんこOKは確認済だったので、北斗を連れていざ中へ。


CIMG0813_20170602190249496.jpg

公園内ではフラワーフェスティバルが開催中、とありましたが、なんか中途半端
CIMG0814.jpg


CIMG0815_20170602190252956.jpg


CIMG0818.jpg


CIMG0823_2017060219025599c.jpg

とりあえず奥へ進んでいきました。

奥には広い芝生広場があり、子供たちがいっぱい遊んでいました。

CIMG0826.jpg

が、この日は激暑で、木陰でないと北斗がバテちゃう。

CIMG0827_20170602190950913.jpg


CIMG0829_20170602190953aaf.jpg

ということで、人気の少ない木陰へ避難。


CIMG0833.jpg

木陰で白いあじさい発見。
でも木陰の散歩道は意外と短く、余り楽しめそうな場所も見当たらないので、
早々に出ることにしました。

三川公園の後は、前から行きたかった所に向かってGo!

そこは犬山市にある桃太郎神社です。
桃太郎という岡山にゆかりのあるネーミングと、不思議な世界観を体験してみたかったのです。
しかも境内わんこOK!なら行かねばなるまい。

東名阪道と名二環を乗り次いで近くまで来たところで、犬山城の看板を発見。
そうか、犬山城も近いんだ。
犬山城って国宝だよね。
せっかくだから行っとく?

犬山城自体はわんこNGでしたが、その周辺の散策は可能なので、
桃太郎神社に行く前に犬山城に行くことにしました。

それが大きな間違いの元
だと知ったのは、ずっと後になってからでした。

つづく

yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。