≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

宗君の家から、次に向かったのが赤目四十八滝です。
ホクママさんに滝はわんこOKと聞いていました。
この滝は、実はまだ北斗が来る前、世界遺産巡りで奈良のお寺を訪れた時、
赤目にも行けないかなと調べたのですが、ルートからかなりはずれていることがわかって断念したことがありました。
それが思いもよらずチャンスが巡ってきたというわけです。
しかも北斗と一緒に。

日曜日ということもあり、近づくにつれてだんだんと車の数も増えてきて、滝前の駐車場はほぼ満車。
お伊勢さん同様、全国区の観光地だということに改めて気づきました。
運良く滝に一番近い駐車場に止めることができて、いざ出発。

CIMG8726.jpg

CIMG8690.jpg


遊歩道を歩いていき、まず現れたのが行者の滝。
あれっ? 意外とちっちゃい!
CIMG8695_20141207102144e60.jpg
ホクパパさんから、赤目は大きい滝はないよ。数で勝負だから(笑)と言われたのを思い出しました。

そこから歩くこと数分。

出たっ! 不動滝 落差15m。赤目五瀑の一つです。
CIMG8699.jpg
水量豊富。
大きい滝はないと聞いていたので、結構、感動しました。

CIMG8698_201412071021440b8.jpg

そこからまた歩くこと十数分して、千住滝(赤目五瀑)。滝から少し離れた所に撮影スポットがあります。
CIMG8702_20141207102355d61.jpg

すると、とうさんが「ここで待ってて」と北斗を連れて滝の方に登り始めました。
CIMG8703.jpg

千住滝の上に到着!
CIMG8704.jpg
こうすると滝の大きさがよくわかりますね。

次に現れたのが、布曳滝(赤目五瀑) 落差30m、滝壺の深さ30m
CIMG8709_20141207102359ac5.jpg

CIMG8711.jpg
きれいだね☆

CIMG8716.jpg

さてここまでで約25分。
この辺りでそろそろ引き返すことを考え始めたかあさんです。
パンフを見ると最終の滝までの所要時間は片道約90分。
五瀑はまだ2つ残っていますが、五爆を全部見るためにはあと50分歩かなくてはなりません。
行って行けないことはないのですが、心の準備ができていないというか、飲物もおやつも持っていないし、
この後のこともあるし・・・
ここは勇気ある撤退!を決断。

とうさんは最後まで行きたい様子でしたけど・・・。

CIMG8718.jpg
帰り道

CIMG8717_20141207111851bb5.jpg
ここでは通りすがる人のほぼ全員から声をかけられるという、かつてない声かけ率を達成、
「真っ白!☆」「可愛い~」「ソフトバンク」「お父さん」「カイ君」等、北斗は人気者でした。

数で勝負の四十八滝は半分も見られなかったので、またいつか来て、その時は全部見たいと思います。

滝を後にして、車は奈良県に入り、当初の目的の紅葉ツアーに戻りました。

最初に向かったのは花の寺で有名な長谷寺ですが、
秋は紅葉も綺麗と紅葉ランキングに出ていたので行ってみることにしました。
CIMG8728_201412071118545b3.jpg

駐車場で、一応「犬は入って大丈夫ですか?」と聞いてみると
「抱っこなら」という回答。

えっ、そうなの?

というのも、事前にネットでわんこが長谷寺の回廊を歩いている写真を見ていたので、
てっきりわんこOKだと思い込んでいたのです。
きっと抱っこして入って、回廊のところで写真用に下に降ろしたのでしょうね。
紛らわしいことをしないで、と怒ってみても後の祭り。
やはり思い込みは厳禁、ちゃんとお寺に確認するべきでしたね。

北斗を抱っこして歩くことはムリ、かと言って北斗を車に残して二人だけで入る
という選択肢もなかったので、駐車場から長谷寺の写真を撮って終了です。

時間的にここから別の場所に移動するのはムリっぽかったので、
この日はこのまま宿に向かうことにしました。

つづく

スポンサーサイト


【カムイママさんへ】
そうですか、滝は48=たくさんという意味なのですね。納得!

ほほ~、赤目の滝はお二人の絆が深まった滝でもあるのですね。
結構カップルで歩いている人、多かったですv-238

たまちゃん、写っていたんですか?!
確かにパワースポット的な雰囲気でしたね。

北斗は自分のこと言われてるのにクールにスタスタ歩いていました。(わからなくて当然ですがv-392
とうさんが歩くのが速いのです。
そんなに急がなくてもといつも思うのですが…。

長谷寺ね~、
小型犬のみOKでしたねv-390
寺としても犬も入れてあげたい、でも汚してほしくない、
というジレンマで、この対応なのでしょうね。







【】
赤目四十八滝にも寄られたのですね♪
カムイとは まだ行っていませんが、主人と結婚が決まり、
両家の顔合わせをした日に ここへ遊びに行ったという、
私と主人にとって 思い出の地です(*^_^*)☆
以前、地方番組でやってたのですが、
四十八滝は、滝がたくさんあるという意味で、
48の滝があるという意味ではないラシイですよ。
いわゆる『AKB48』と同じ感じで、
『たくさん』という意味で『48』と言われるみたいです。
そうそう!ここでのお写真、『たまちゃん』は大丈夫でしたか?!(笑;)
私が行った時に撮った写真には、思いっきり写り込んでいました(^_^;)
ブログでのお写真は見た感じ大丈夫そうですね◎
変なこと言ってスミマセン m(_ _)m

ニコニコ顔のほくちゃん、ここでも大人気だったのですね~(*^。^*)♪
ワンコ好きな方は、声も掛けずに素通りできなさそうなくらい、
笑顔の北斗くん☆ 大人気なのも納得です!!

長谷寺は、抱っこでしかダメなんですね。。。
それなら一層のこと、ワンコNGです!って言ってもらった方が
スッキリしますよね~(^_^;)
【椿のお母さんへ】
関西の皆さんは一度は行かれているかも?ですね。
普通は一つか二つですが、次々に滝が現れるので、
楽しいです。

冬は寒そうだけど、頑張って行ってみようかな?


【フーカママさんへ】
四十八滝って本当に48の滝があるのでしょうか?
途中で川が階段状に流れている箇所がいくつかあって、
「これも数に数えるのかな~?」と二人で話していました。
大きい滝は5つみたいです。

長谷寺は境内でオシッコするのがダメみたいです。
オシッコは外でさせてから入りますと言いましたがダメでしたv-292

【ホクママさんへ】
急な階段、ありました~。
これがホクママさんの言っていた階段だぁと思いながら上がりました。
北斗は駆け上がっていました。


赤目の滝はやっぱり氷瀑するのですね。
主人と「冬は雪が降るんだろうね。氷瀑するかな?」と話していたんです。
入口の所でたくさんの子供が忍者の格好をしていました!
北斗は今年の9月に伊賀に行って、忍者犬になったんですよ。

宗君もたくさん旅行して人に慣れていくといいですね。
【みやこさんへ】
木が生い茂った渓谷は夏は涼しそうですね。

オオサンショウウオ、入口の展示室で見ました。

今回は敢えて人の多い奈良市内をはずしました。
結構遠いと思っていた奈良県も日帰りエリアと判明したので、また行きたいと思います。
【赤目四十八滝】
赤目四十八滝!!
だーいぶ前に行ったことがありますが
どんな滝だったか忘れてました
ステキですね
雪景色になったらさらに綺麗かも?
【】
赤目四十八滝!!
これは制覇してほしいですね。
次回はぜひ!

小さい滝…とはいっても姿が良い滝ですね。

長谷寺は良く聞く名前ですね。
ボタンで有名?
紅葉もきれいみたいだけどワンコは抱っこv-12
長い時間は無理よねぇ。
【赤目の滝】
滝に行かれて北斗クンもあの急な階段をササッと上がったのですね。

寒い時期に氷瀑するのも素晴らしい景色です。
人間だけなら忍者体験もできるようですが、北斗クンの忍者姿も見てみたかった。。。。

夏の時期は、とてもさわやかな涼しい所です。

宗も今度はゆっくり家族で旅行に行けるといいな。。。と思っています。
【赤目四十八滝】
高校まで奈良に住んでいたので、赤目は何度か行ったことがあります。
夏に行くと涼しくて良いですよ。
滝フリークのyuminさんには全部の滝を堪能してもらいたいものです。
さすが父さん滝の上まで行かれたのですね。
ここには天然記念物のオオサンショウウオもいるようです。

長谷寺は残念でしたね。
ボタンの時期が有名です。
近く(?)の当麻寺はシャクナゲが有名なんですよ(^^)

奈良も市内だけじゃなく良いところがたくさんあるので又行かれたら良いと思います。
この記事へコメントする














yumin

Author:yumin
Le Lien(ルリアン) 英会話ルーム

生徒募集中!
楽しく気軽に英会話、
豊富な教材とバラエティに富んだ話題を取り上げています。

場所:岡山市中区  
レッスン日:毎週金2:00~3:30
1レッスン1200円
お問い合わせは下記のメールフォームからお願いします。

**************************
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード