≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

当初は、福井・能登半島の旅行を計画していました。
しかし思っていた以上に福井が面白くて長居しそうだったのと、
能登半島を1日で回るのは体力的に結構ハードと思い、福井から滋賀に戻ることにしました。

そしてこの日の宿(?)は多賀SA。 
とうさんは既に経験済みでしたが、まさか2週間後にまた来るとは思っていませんでした。

CIMG0454.jpg
(写真は翌朝撮ったものです)

多賀下りSAにはお風呂とシャワーの設備があります。
とうさんは夜お風呂に入り、かあさんは翌朝シャワーでさっぱりしました。
シャワーもとても綺麗だったので、星4つ差し上げます。(満天は☆5つ)

翌朝、朝食の後、SAに車を置いて、多賀大社まで歩いて行きました。
多賀大社までは1.5km。 散歩にはちょうどいい距離です。

途中、マンホールがありました。
今まで余り気に留めたことはなかったのですが、カムイ君ファミリーのマンホール撮影を見て、
私も注意して見るようになりました。
多賀町のマンホールは、外側がササユリ、杉、そして真ん中がうぐいすのデザインだそうです。
CIMG0433.jpg
すご~い、凝ってる!

多賀大社表参道、通称絵馬通りは地元の人々が利用するお店と、
観光客の人々が訪れるお土産のお店が混ざりあった情緒ある町並みです。
CIMG0434.jpg

CIMG0435.jpg

CIMG0436.jpg

多賀大社の大鳥居に着きました。
CIMG0437.jpg

大鳥居をくぐって「太閤橋」という名前の石造の太鼓橋を渡ります。
CIMG0451.jpg

CIMG0438.jpg
太閤秀吉によって築造されたたため「太閤橋」と呼ばれるようになったそうですが、
現在の太閤橋は寛永15年に再築されたものだそうです。
かなりの傾斜で降りる時は滑りそうで怖かったです。

CIMG0443.jpg
格式の高そうな立派な神殿

CIMG0450.jpg

CIMG0444.jpg


CIMG0442.jpg
神社には必ず酒樽が奉納されていますね。 中身は入っているのかな~?

ちょうど菊花展開催中でした。
CIMG0446.jpg

CIMG0445.jpg

交代で参拝を済ませ、境内を散策していると神社の職員の方が北斗を見て、話しかけられました。
CIMG0447.jpg
「ここまで白い犬は珍しいね~。毎日世話が大変でしょう。おとなしい犬だね」

とうさん「いえ、おとなしくはないです」

おじさんが徐々に近づいてくると・・・。
CIMG0448.jpg
北斗は、ウウゥ~~(それ以上近づいたら吠えるぞ)と唸りました。

そしてまた歩いて多賀SAまで戻り、SAを出発。
車の中では、既にお疲れモードの北斗。
CIMG0456.jpg

八日市の世界凧博物館東近江大凧会館に着きました。
CIMG0462.jpg
お疲れの北斗は車で待機です。 
この日も快晴で抜けるような青空が広がり、車内温度はかなり上がりそうでしたが、
運良く日陰に車を止めることが出来ました。

中に入ると係の人が「皆さんに凧の説明をさせていただいているのですが・・・(聞きます?)」と言われたので、
私は「じゃあ、5分くらいでお願いします」と言って説明を聞きました。

まずは100畳の大凧の説明から。
CIMG0460.jpg
毎年、100人がかりでこの大凧を上げるそうです。

その凧が飛んでいる映像を見ることもできますが、北斗が待っているのでそれはパスしました。
他に日本のいろいろな土地の伝統的な凧や世界の凧が展示されていました。

CIMG0461.jpg

日本の凧と言えば、奴凧のイメージですが、他にもいろんな形の凧があって、面白かったです。
CIMG0458.jpg
京都の凧

CIMG0459.jpg
時間があればゆっくり見て回りたかったのですが、今回は駆け足で。

凧博物館の後、向かったのは忍者の里甲賀です。
9月に伊賀に行き、忍者犬体験をした北斗。
伊賀に行ったら甲賀(正確には、「こうか」と言うそうです)にも行かないとね。
この忍者屋敷は、日本で唯一現存する本物の忍者が住んでいた屋敷だそうです。
CIMG0464.jpg
既に駐車場はいっぱい。運良く一台分空いていましたが、外は結構な温度。
北斗大丈夫かな~。 すぐ戻るからね。

CIMG0467.jpg
くノ一(人形です)とツーショット

中に入ると、30人くらいのお客さんがいました。
思った以上に人気があるようです。
10分程してガイドさんによる「からくり」「忍具」等の説明がありました。
本物の手裏剣や忍者装束の展示も興味深かったです。
そして、からくりに触れたり、どんでん返しの扉を通ったり。
忍者が飲用していた薬草茶(健保茶)の試飲もありました。
忍者は薬も作っていたそうです。
説明が結構長くて全部見終わると1時間くらい経っていました。

ヤバい、ヤバい、早く戻らないと

北斗、ごめんね~。
車内は結構暑くなっていました。
急いでエアコンを入れて車内を冷却。 幸い、北斗は水を飲んですぐに回復しました。

さて、お昼になって、この後はノープラン。
近くの信楽に行くか、大津から琵琶湖に行くか、いろいろと考えましたが、
また今度にしようと意見が一致して、一路岡山へ。
滋賀県に来て、琵琶湖を見ずに帰ったのは初めてかもしれません。

現在の姫路城  
CIMG0468.jpg
だいぶ改修工事が進んでいました。
一部では白すぎ~と不評のようですが、元々はこのくらい白かったそうで、
時が経つにつれて徐々に汚れていくそうです。

途中、姫路で遅い昼ご飯を食べて、さらに西へ車を走らせていると、
コスモスのじゅうたんが見えたのでちょっと寄り道しました。

実は福井で宮ノ下コスモス広苑に行く予定でしたが、台風で全部倒れてしまったそうです。
ならば兵庫県の志方町のコスモスはどうかと、また電話で聞いたら、
コスモス祭りが終わって全部刈り取ったと言われて、今年はコスモスは見られないなと凹んでいました。
(とうさんと北斗は近江八幡で見ていましたけど、私は行ってないので)

きっと神様が可哀想な私に救いの手を差し伸べてくれたのですね。

CIMG0469.jpg

こんなに咲いているのに誰もいません。
穴場中の穴場かも?

CIMG0470.jpg


CIMG0474.jpg


CIMG0478.jpg
背の低いコスモスで、北斗の顔もバッチリ!
コスモス二人占め~

こうして、福井・能登半島、改め福井・滋賀湖東の2日間の旅行は終わりました。
北陸はまだまだ奥が深そうです~。

おみやげあれこれ
CIMG0482.jpg
左から、多賀SAで買った「えびせんの里」のえびせんべい、袋を見たら実は製造元は愛知県でした。
さわやか(メロン、ぶどう)、  き○だんご?じゃなくて羽二重餅(^_^;)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



























スポンサーサイト


【カムイママさんへ】
マンホール観察、面白いですね。
また旅先で探してみようと思います。
でも意外と地元のマンホールって見たことないな~(>_<)

今年はいわゆるコスモス祭りに行けなくて諦めてたのですが、
思わぬラストチャンスが巡ってきました。(^_^)v
北斗は上手いことカメラ目線でした。

姫路城、実際に見るとその白さにビックリですよ!

【】
ロケ地めぐりから始まった今回の旅も、充実の旅になりましたね(*^_^*)☆
さすが、ほくちゃんファミリーです!!
私も、ブログを拝見して旅した気分になりました♪♪

多賀のマンホール!!!なかなか凝ってますね!!
マンホールの写真をブログに載せるのは、初めの頃は躊躇してたのですが(笑)、
yuminさんにご興味を持ってもらえた様で、嬉しいです(*^。^*)♪
たかがマンホールですが、無料で楽しめるご当地物はなかなか面白いですよね☆

真っ白の姫路城!また見に行かなくちゃ!です♪(笑)
一面のコスモス、きっとyuminさんを待っててくれたのですね☆
コスモス畑の中の ほくちゃんの笑顔も素敵です!!
この記事へコメントする














yumin

Author:yumin
Le Lien(ルリアン) 英会話ルーム

生徒募集中!
楽しく気軽に英会話、
豊富な教材とバラエティに富んだ話題を取り上げています。

場所:岡山市中区  
レッスン日:毎週金2:00~3:30
1レッスン1200円
お問い合わせは下記のメールフォームからお願いします。

**************************
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード