≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ビー玉プラスツアー、今回も車中泊練習からスタートです。

前回同様、龍野西SAで車中泊練習。
だいぶ要領が良くなり就寝準備にも時間短縮が図れました。
そして朝を迎えまたもムッシュのモーニングへ。
といっても、前回のムッシュではなく今回は網干店です。(ムッシュは3店舗あります)
網干店にはわんこOKのテラスはありませんが、朝の気温はそれほど高くないので
北斗を車内に残していくことができました。

お店に着いたのは7時過ぎ、既に店内には十数人のお客さんがいました。


これが噂のなみなみコーヒー
CIMG9961.jpg

とうさんのガッツリモーニング (卵トースト、オムレツ、スパゲティ、野菜サラダ、ポテトサラダ、ハム)
CIMG9958.jpg
お皿の直径は25cmくらいです。 今にもオムレツが落ちそうです。

かあさんの普通のモーニング
CIMG9962.jpg
前回の教訓を活かして、アーモンドトーストとオムレツとサラダonlyにしました。
シンプルに見えますが、これでも結構な量で、私には十分でした!

モーニングが終わり、今回の行先は鳥取県智頭町です。
龍野西ICまで戻り、播磨自動車道~鳥取自動車道(無料)を通って智頭町へ向かいました。

ひっそりとした山間部にこんな可愛い駅がありました。
CIMG9971.jpg

CIMG9969.jpg

CIMG9970.jpg

CIMG9967.jpg
ピンク一色
ここで男の人が一人で電車を待つのは勇気がいるかも?


CIMG9966.jpg

ここから約20分でみたき園に到着。 
みたき園は3年くらい前に一度来たことがあり、その時に見た落差80mの滝に大感動。
今日もその滝目当てにやってきました。

CIMG9972.jpg

入口を入ると、コケコッコーがお出迎え。 北斗が近づくとみんな逃げて行ってしまいました。
CIMG9976.jpg

茅葺き屋根の軒下にはほおずきがつり下げてありました。
CIMG9989.jpg


CIMG9973.jpg
リトルぐるぐるに興味を示す北斗 この大きさは恐くないようです。


CIMG9978.jpg
ミディアムぐるぐるは素通り  あらっ?


CIMG9979.jpg
そして離れが点在する林の中を抜けて、滝のある方へ向かいました。


CIMG9981.jpg
滝に到着。 着いた~!!

CIMG9983.jpg
あれっ?
水の量が少なくない? 岩肌が透けて見えてるぅ、
前に来た時はもっとザーザー流れてたと思うけど・・・
私一人がそう思うなら記憶違いということもあり得ますが、とうさんも同意見。
やっぱり水量が減っているよね。
ということで、早々に撤収!
あっさりとみたき園を後にした北斗家でした。

折角来たのに期待外れだったね、北斗。

そして智頭町中心部に向かい、途中のケーキ屋さんでシュークリームを購入。
CIMG9992.jpg

CIMG9993.jpg

CIMG9995.jpg

こちらはパイシューで、1個250円也。 
シュークリームにしてはちょっとお高めですがボリュームのある一品でした。

そしてケーキ屋さんの近くで建て替えをした智頭中学校を発見。
その校舎を見てびっくり!

CIMG9997.jpg
これって正門でしょうか?

一見歴史資料館かはたまた時代劇のセットを思わせるような外観で、
中からお侍さんが現れそうな雰囲気です。
CIMG9996.jpg

CIMG9998.jpg

そこからさらに北へ、今度は板井原集落に行きました。

CIMG0011.jpg

押しつぶされそうなほど迫りくる山肌、どちらを向いても深緑の杉林。そのわずかな谷間に広がる集落には、明治32年(1899年)に建築されたかやぶき屋根の「藤原家住宅」をはじめ、築50年を超える古民家群、昭和初期に分校として建てられた「板井原公民館」、集落を見守る「向山神社」、板井原川の流れを利用した米つきの水車小屋、炭焼き小屋等々、まるで昭和30年代の山村風景がそっくりそのまま残っています。中には築270年という古民家もあるとか。集落全体がまるで映画のセットのようです。(智頭町観光協会HPより抜粋)

CIMG0005.jpg

そして 今度こそ北斗にとって天敵のぐるぐるザウルスが現れました。
CIMG0002.jpg

しかし、今日の北斗は違っていました。
さっきリトルぐるぐるとミディアムぐるぐるに会って何かをつかんだのかもしれません。



板井原集落で大収穫を得た北斗、ついにぐるぐるザウルスを克服しました。(でも今日だけかも?)

次に鳥取市佐治町に向かいました。

CIMG0021.jpg

佐治町で見つけた秋です
CIMG0013.jpg

CIMG0014.jpg

CIMG0015.jpg

さじアストロパーク
CIMG0020.jpg

「さじアストロパーク」には、国内有数の103cm反射望遠鏡やプラネタリウムがあります。
かあさんが代表して中の展示室を見てきました。  

天体望遠鏡がついた星のコテージ
CIMG0016.jpg

CIMG0017.jpg
全部で4棟あります。
望遠鏡のレンズに一眼レフカメラを付けて星空の写真を撮ることもできるそうです。
これからの季節、ほとんど地上の光のない山の上で天の川や満天の星空を眺めるのもいいですね


CIMG0031.jpg

そして流し雛の館で遅いランチをして、鳥取を後にしました。

途中西粟倉村の道の駅あわくらんどで梨を買いました。
そして岡山に向けて車を走らせていると、上月城の看板発見!
「軍師官兵衛」に出てきた上月城なら行かないわけにはいきません。
ということでちょっと寄り道。

駐車場に着くと、上月城までは380mと書いてありました。 

CIMG0038.jpg

上月城は山城です。
CIMG0036.jpg

CIMG0037.jpg
「380mか~。 どうする?」と私が聞くと、
とうさんがこう言いました。
「上月を見捨てよ」


CIMG0039.jpg
あわくらんどで買った二十世紀梨です。これで1000円です。
他にも豊水や新高梨があり、試食した結果、スッキリとした甘みの二十世紀を選びました。


CIMG0052.jpg
早速北斗も食べました。
美味しかった~

砂丘、ゲゲゲ、大山だけじゃない、鳥取県はなかなか奥の深い県でした。


スポンサーサイト


この記事へコメントする














yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード