≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この日の夕食はお食事処「駒季」で地元の魚料理を堪能しました。
特にブリのカマ焼きサイコーでした (写真なしスミマセン)

そして宿は旅籠屋室戸店。
四国にも旅籠屋さんが増えてきて北斗家としてはうれしい限りです。

hatagoyamuroto.jpg

旅籠屋のペットOK部屋は1Fの一番端っこ、
フロントからは一番遠い部屋と決まっています。
昨年利用した箱根仙石原店は、平屋造りだったので、まぁフロントの遠いこと。
12月だったので廊下が超寒かったし・・・
でも泊まれるだけで有り難いので文句は言えません(言ってるし・・・)。

が、こちらの室戸店さんは建物の構造が他の旅籠屋さんと違っていて
直線ではなくTの字になっており、ペットOK部屋がフロントから超近かった。
フロントに近いということは、泊ったことがある人はおわかりだと思いますが、とても有り難いことです
ほんの些細なことですがポイント高し室戸店です。


で、翌朝は高知市内に向かって前日に通った道を北上していきました。

まずは道の駅キラメッセ室戸へ。
道の駅が開店するまで近くの海岸をお散歩

CIMG0231_20170402101356d61.jpg
(*昨日の室戸岬ではありません、念のため

CIMG0233_20170402101358ee8.jpg


CIMG0235_20170402101359b76.jpg

こういうのんびりした時間がとても貴重だったりします。

CIMG0237_20170402101400a32.jpg

家族写真①
CIMG0240_201704021014026be.jpg

北斗、どこ見てんの?
しかも、あくびかい!
というわけで撮り直し

家族写真②
CIMG0244_20170402101404409.jpg
OK
(とうさん、何気に北斗の首を押さえています

道の駅で清見オレンジとバッジを購入。
(清見オレンジは持って帰って家でマーマレードを作りました)


CIMG0165_20170402111741341.jpg

高知県のゆるキャラカツオ人間は、このバッジではわかりませんが、
後頭部の断面は赤身と骨が丸見えの何とも斬新なデザインです。
人によってはキモッ!て思う人もいるかも。
興味のある人は「カツオ人間」で検索してみてね。たくさん画像が出てきます

もう一つは安芸市のアイドル「ちりめんドンちゃん」
じゃこ目とぽってり唇が何ともユニーク。
高知のゆるキャラは総じて「キモカワ系」が多いのかも。


そしてここには捕鯨のことがわかる鯨館が併設していました。
珍しいのでとうさんと入ってみました。
館内撮影禁止なので、館内説明はこちらをどーぞ → 鯨館
受付で入場料を払うと小さな袋を渡されました。
「これは何ですか?」と聞いたら「VRです」との回答。

VR?

(VRって何だっけ?)
わからないけどそれ以上は聞けなくて、中を見ると、頭につけるビデオみたい。
あ~、これか~ と納得。

「時間はどれくらいですか?」
「5分程度です」
それなら北斗を待たせても大丈夫かな。

あとで知ったのですが、この鯨館は3月4日にリニューアルオープンしたばかり。
このバーチャルリアリティー(VR)はリニューアルに際して導入された出来立てホヤホヤの新設体感コーナーらしいです。

早速、中に入って、勢子舟に乗ってVRを装着すると自動でスタート。

いきなり船に乗っている映像が現れ、上下左右に多少揺れています。
隣でとうさんが「うわぁ~、酔う、酔う・・・」と叫んでいます。
私も乗物には弱いので、これは無理かも・・・と思いながら、それでもしばらく待っていると

今度は海中にドボーン!!

熱帯魚が泳ぐきれいな海の中に入っていきました。
うん、これなら大丈夫そう。

しばらくすると、クジラが現れて眼の前を泳いでいきました。
他にはウミガメも泳いでたり・・・
あとはそのまま海中散歩が続いて5分ほどで終了。

結局、捕鯨のことはでてきませんでした。 あれっ?
捕鯨は展示を見て下さいってことなのね。
その後史料展示をぐるっと見て30分ほどで車に戻りました。

ここからさらに高知市に向けて北上していきます。

ここでちょっと地図で確認
地図

今回の旅行で一番行きたかったところ、それは「モネの庭マルモッタン」です。
フランスの画家クロード・モネの自宅の庭を再現した庭園がこの高知県北川村にあります。

が、一つ問題が・・・
ペット入園NGでした。
気温はこのとき15℃程度。
北斗が車内で待てない気温ではありませんでした。

が、もう一つ問題が・・・
花が咲いていない。

これは致命的!
モネと言えば睡蓮ですが、睡蓮の見頃は6月下旬~10月下旬、
池には睡蓮のスの字もありません。
加えて、チューリップや他の花も見頃というにはまだ早い。

ここで苦渋の決断。

元々北斗を同伴できない所はNGなのですが、
短時間であったり、どうしても行きたい場合はその限りではありません。

ただこの時期のモネの庭、どうなの?と自問自答した結果、

モネの庭はあきらめよう という結論に至りました。

後ろ髪を引かれる想いでモネの庭を通り過ぎ、道の駅田野駅屋で小休止。

とうさんがニヤニヤしながら「すごいのがあった。大人買いしてしまった」と言いながら
買ってきてたのがコレ↓

CIMG0325.jpg

土佐くろしお鉄道ごめん~なはり線全20駅のキャラクターピンバッジ。
デザインはアンパンマンのやなせたかしさんです。
ちなみに3,765円です。
確かに大人買い!

これは北斗の首輪にはつけるには多すぎるので、このまま保管することにします。

その後またまた道の駅やすに立ち寄り、香南市の西川公園へ。
ここで花祭りが開催中との情報をゲット。 わんこOKです。
(その手前にあったチューリップ祭りはわんこは抱っこならOKだったのでスルーしました)

第2駐車場から交通量の少ない田舎道を歩くこと10分、会場に到着。 入園無料です。
CIMG0246_20170402112941361.jpg


昨年10月にボランティアの方によって種まきされた菜の花畑
びゅーてぃほー

CIMG0248_2017040211294226c.jpg


CIMG0250_2017040211294485f.jpg


CIMG0254.jpg

はな桃も数本ありました。
CIMG0256.jpg


CIMG0259.jpg

桜はまだこんな状態
CIMG0260_20170402112950df6.jpg


桜が咲くとこんな風に見事な桜と菜の花のコラボが見られたのですが、
さすがに3月中旬では早かったです。(Ⓒよさこいネット)
桜と菜の花

丘の上に設けられた休憩所で北斗に焼いもを買ってあげました。
CIMG0263_20170402133954292.jpg


CIMG0264_20170402133955d3a.jpg
ゴチになります。


CIMG0267_20170402133957c24.jpg
おいちかったぁ

つづく




スポンサーサイト


この記事へコメントする














yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。