≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

屋島の入口にある四国村は
江戸~大正時代の四国各地の古民家33棟を移築、復元した野外博物館です。
敷地内はわんこOK。
夏は暑くて散策は無理ですが、この時期はお散歩気分で散策できるのではと思い
訪問しました。

開村時間は8時半。
うどん屋さんで時間調整をして開村と同時に入村しました。
受付ではペット同伴に関する注意事項を読んで署名しました。

入口を入ってすぐにかずら橋を発見!
どうやらこの橋を渡って入村していくようです。

ちなみにかずら橋というのは
徳島県の祖谷(いや)にかかる野生のシラクチカズラで編んだ吊橋で観光名所の一つです。
実際にはもっと高い場所にかけられていますが橋は本物そっくりです。

CIMG9982.jpg


CIMG9976_20170322203628e68.jpg

とうさんと渡りかけた北斗ですが、横木の隙間が大きすぎて、この後北斗に悲劇が・・・。
動画→かずら橋

CIMG9980.jpg
隙間は均等ではなく、場所によっては足がスッポリ入ってしまう所もありました。

これ以上前に進むのは無理とあきらめて、北斗ととうさんは迂回路を回って無事橋の反対側に到着。
CIMG9983_20170322203634f5f.jpg
北斗、この通り無事です☆
まるで後ろの橋を渡りきったかのようなこの笑顔。 渡ってませんけどねぇ・・・。
あ~、落ちるかと思ったぁ
実際、落っこちたんだよ。まぁ、大事なくて良かった。


次に行ったのは小豆島農村歌舞伎舞台。
江戸時代、村人が歌舞伎を演じていたそうです。

CIMG9987_201703231453284c2.jpg

舞台にはお雛様が飾られていました。
CIMG9984.jpg

こんな風に歌舞伎を楽しんでいたのでしょうね。
CIMG9986_2017032314532846b.jpg
今は野外コンサートが開かれるそうです。すり鉢状の観客席は音響バツグン🎵☆

CIMG9991.jpg
「赤い椿白い椿と落ちにけり」(河東碧梧桐作)

CIMG9993_20170323145331405.jpg

香川県では「讃岐三白」といい、砂糖・塩・綿の生産が盛んで、
村内にはこれらに関する8棟の建物が復原されていました。
和三盆作りなどの作業工程はても興味深いものでしたが、写真を撮り忘れました

大久野島灯台
CIMG9994.jpg

どんどん進んでいくときれいな水仙郷にたどり着きました。
CIMG0007.jpg

CIMG0009.jpg


CIMG0011_201703231504300a5.jpg


CIMG0015_20170323150431465.jpg


CIMG0018_20170323150433b4f.jpg
水仙がいっぱいだね。 淡路島を思い出すね。

CIMG0020_20170323150434df9.jpg


CIMG0024_201703231504367e9.jpg
古民家の縁側でプチ休憩です。

染が滝
CIMG0030_201703231521457f1.jpg


アーチ橋
CIMG0035.jpg


CIMG0033_201703231521477f5.jpg

早朝だったせいか、元々人気がないのかはわかりませんが、
いずれにしても、他のお客さんは非常に少なく、私たちにとってはゆっくりのんびり散策できた四国村でした。






スポンサーサイト


【フーカママさんへ】
主人が気がつくのが遅かったら
そのままズルズルと落っこちてたかもしれません。
北斗も「たすけて~」とか言えばいいのに・・・(言えないか)

水仙は見ごろでした。他にもチューリップもあったのですが、
こちらはまだでした。

うどんは一杯食べたらスイッチが入るって感じです。
2~3杯はいけちゃいます。
私は北斗にお裾分けしましちゃいましたけどね。

手頃なお値段というのもはしごできる大きな要因でしょうね。
でもどの店もおいしいというわけではなく、
そうでもないうどんに当たると損した気分になります。



【】
北斗君、危ない!!
動画観て私の足元もぞぅ~としましたv-12
我が家は主人が高所恐怖症、ソラもダメです。
だからこんな橋は絶対に渡れませんねぇ。

もう水仙がきれいに咲いていて四国は春ですね。
水仙の香りが漂ってきそうです。

うどん、食べ歩きは楽しそうですね。
満腹になりそうですが、案外たべられちゃうのかしら。



【】
私も一瞬のことでよくわからなかったのですが、
後で動画で確認すると北斗が首つり状態になってて
ビックリしました。
リードがなかったら下に落ちてましたねv-286
カムイ家さんにはいつか是非実際の祖谷のかずら橋を渡ってほしいです(笑)。

四国村は閑散としていましたが、見どころはそれなりにあって楽しかったです。

水仙は満開で、おっしゃる通り淡路島の立川水仙郷より綺麗でしたよ。
先に数個の小さな花がついている変わった種類の水仙で、可愛らしかったです。

お仕事は仕方ないですね~。
我家も本当は桜の時期に行きたかったのですが
仕事の関係で無理やりこの時期にねじ込んだ感じです。
まぁ、行けるだけマシとしないといけないですね。
【】
ほくちゃんの悲劇💦 ドキドキしながら動画を拝見しましたが……
めちゃめちゃ ヒヤァー💦としました(>_<)💦
ホントに!ご無事で何よりでした◎
パパさんも、相当 焦られたこととお察ししますm(_ _)m
でも、あそこまで行けた ほくちゃん、スゴイです!!
カムイなら、きっと 橋に一歩踏み出す前に 拒否りますよ(^_^;)
というか、我が家には 高い所が苦手な人が約1名おりますので、それ以前の問題です(笑)

四国村、去年の4月に四国へ初上陸した時に、行こうか行くまいか迷った所でした。
結局、四国超初心者の我が家は、瀬戸大橋を見に行っちゃいましたけど(笑)
ゆっくり散策できる感じで、いい所ですね☆(橋以外!!(笑))

そしてそして、水仙に梅!
と言えば、やはり 淡路島を思い出しますね(´艸`*)
四国村の水仙郷も、密集してて素敵ですね!
あの…淡路島の1つめの水仙郷よりも キレイだったのでは?!(笑)

我が家、3連休中は 主人が1日しかお休みがなく、
近場で 大人しくしておりました(^_^;)
旅行記、つづきも 超~楽しみにしています(*^▽^*)♪
この記事へコメントする














yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード