≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

南阿蘇のペンションに到着しました。
まず私たちを出迎えてくれたのがこの子たちです。

グレートピレニーズのベルちゃん 10ヶ月で既にこの大きさ!!です
CIMG1321.jpg
いらっしゃいませ!

CIMG1322.jpg

CIMG1324_20160325222254ace.jpg
北斗、固まってる

CIMG1328.jpg
そしてベルちゃんの隣にいるのが

CIMG1325.jpg
くま?
ではなくて、ニューファンドランドのサスケ君 63kg(年齢?)

CIMG1327.jpg
二頭とも人が大好きで、とても人懐こいそうです。
でもこの巨体で飛びかかられたら、間違いなく倒される!

以前、サスケ君を熊だと勘違いした年配の女性がいて、その女性から
「ごはんは何を食べるの?」と聞かれて、
ご主人が「えっ? 普通のドッグフードですけど」と答えたら、
その女性は「熊がドッグフードを食べるの?」とびっくりされたそうです(^_^)

CIMG1329.jpg

北斗にとってはとてもレアで貴重なご対面でした。

さてこの後チェックイン、なのですが・・・

実はこの日は他のお客さんがいらっしゃるので、
わんこは客室までケージに入れるか抱っこしてくださいと言われていました。
(このことは事前に聞いていました)
というわけで、北斗はこの状態で二階の部屋まで連行されました。

CIMG1336.jpg

正直、オシッコをさせたり、外出する際は結構面倒臭かったのですが、
ペンションのルールなので仕方ありません。

チェックインするとすぐにディナータイムになりました。
周囲に食事する場所が余りなさそうだったのと、
ペンションの食事がとても美味しそうだったので今回はペンションで夕食をいただくことにしました。
ただしこの日も食堂はわんこNG。 北斗には申し訳ないけどまたまた車でお留守番です。
部屋にひとりぼっちにするとずっと鳴いているので、車の方がまだ落ち着くからです。
今度は抱っこして車まで連行です。 
ほくちゃん、ごめんね~

まずは前菜のバーニャカウダ
CIMG1310.jpg
どれも新鮮で美味しかったです

CIMG1311.jpg
アンチョビの程よい塩味とにんにくの効いたソースにつけていただきました。

CIMG1312.jpg
大根のポタージュ with 生ハム 
大根の甘さと生ハムの塩気がほどよくマッチ

CIMG1313.jpg
海鮮の白ワイン蒸し

CIMG1315.jpg
舌平目のフライ バジルソース添え

CIMG1316.jpg
ローストチキン ご飯付

私は普段は鶏の皮は食べないのですが、このキチンの皮はパリパリで香ばしく
ほとんど脂は抜けていたので美味しくいただきました。
実は鶏肉が苦手なとうさんもこのチキンは食べられました。


CIMG1317.jpg
デザートはバニラアイスとラズベリーのムース
絶品のコーヒー付

野菜はできるだけオーガニックを使用されているとのこと。
そして阿蘇の美味しい食材の本来の味を損なわないように丁寧に調理されているのがわかりました。
水は近くの白川水源と同じ水脈の井戸水をくみ上げているそう。
どおりでコーヒーが美味しいはず。 

気がつけば1時間以上が経ち、レストランさながらの豪華ディナーを堪能しました。

そしてペンションにもお風呂はついていたのですが、
ペンションから近くの温泉施設の入浴券をいただいたので、
せっかく阿蘇まで来たので温泉に入ろうということになり、
部屋に戻ってすぐにお風呂セットの準備をして温泉に出かけました。

北斗はというと、車から降りることなく温泉まで連行。

ペンションから5分の瑠璃温泉(田舎の5分は結構距離がありました(^_^))
CIMG1318.jpg
残念ながら露天風呂は4月まで休業中でした。 
北斗が待っているから早く出るようにと、とうさんからの司令を受け、カラスの行水で上がりました。

温泉の後、北斗はやっと部屋に戻ることができました。
CIMG1319.jpg
やれやれ、やっと帰ってこれたよ~

◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

翌朝、散歩から帰ってきて、井戸水をがぶ飲み

CIMG1335.jpg
あ~、うっめぇな~

CIMG1341.jpg
サスケ君が外に出てきてくれました。
北斗はこんな大きい子と対面するのは初めて。
同じ犬だと認識しているでしょうか?

朝食後、荷物を運び出す時、
少しの間だけ北斗を部屋にひとりぼっちに残したことがありました。
1Fで精算をしていると、2Fから「ウォーン、ウォーン」と北斗の鳴き声が聞こえてきました。

するとその鳴き声を聞いたペンションのご主人が
「なんか「おか~さ~ん!」って言ってるように聞こえますね」と言われました。
すると奥さんも「うん、ホントそう聞こえる」と笑いながらおっしゃいました。
そう言われれば何となくそう聞こえたので私もおかしくなりました。
北海道犬は本当に面白いです。

そして最後にペンションの前で家族写真を撮っていただきました。
写真撮影の時、北斗が奥さんに向かって少し吠えてしまったのですが
そんな強気の北斗を見て、奥さんが
「さっきと全然違うじゃない。あんなに悲しそうに鳴いていたのに」と言われました(^_^)

CIMG1339.jpg


ベルちゃん&サスケ君、またね~

さて、九州3日めはまず道の駅からスタートです。
ペンションから約20分で到着です。
あそ望の郷くぎのは阿蘇山の南麓に位置し、レストランや約3,000坪の 広大な「芝生広場」と「ドッグラン」、
湧水「古代の泉」、米を搗き粉を挽く「水車小屋」 、古墳中のコース「久木野パークゴルフ場」、物産販売所等々、
かなり充実の道の駅ですが目的はドッグラン

CIMG1344.jpg

既にお気づきかと思いますが、3日めにしてようやく晴れました。 やったぁーー
しかもこれ以上無い快晴 
これこれ、これを待っていたのです!

CIMG1364.jpg
阿蘇山中岳の白煙が見えます


CIMG1347.jpg

わんこ連れのお客さんは結構いたのですが、たまたまこの時はドッグランが貸切りになりました。
CIMG1349.jpg

広いドッグランを独り占め。 
湯布院のドッグランも広くて良かったけどお天気がイマイチだったので、
やっとこの阿蘇で北斗を思い切り遊ばせてあげることができました。

CIMG1350.jpg

CIMG1358.jpg

CIMG1352.jpg

駐車場に戻る途中、ぐるぐるザウルス発見!!
ぐるぐるを見つけたら近づかないわけにはいきません。



CIMG1363.jpg

CIMG1361.jpg
ボク、もう恐くないもん。

道の駅から阿蘇山に向かう林道
CIMG1365.jpg

途中から緑の木立が消えて、ゴツゴツとした岩肌が現れてきました。
山頂に到着しました。
CIMG1375.jpg

天然硫黄が売られていました。
CIMG1368.jpg


CIMG1374.jpg
北斗、 阿蘇山頂に立つ

CIMG1377.jpg
ここから先は通行止め 噴火口付近に行くことはできません

草千里ヶ浜の方に移動しました
阿蘇といえば、草千里!
初めて来たのは中学校の修学旅行。
私は今回で3回目で、とうさんと北斗は初阿蘇です。

たくさんの人が乗馬体験をしていましたが、実はこの日はとても風が強い日でした。
夏には、青々とした草原が広がってとても綺麗です!
CIMG1378.jpg

CIMG1383.jpg

違う方向からは中岳火口から立ち上る白煙がはっきりと見えました
CIMG1384.jpg

CIMG1388.jpg
ここでも阿蘇山とツーショット

現在の阿蘇山をこの目で確認したあとは一路熊本市内を目指しました。

CIMG1394.jpg
移動中の車内では「寝る」北斗  まるで売れっ子アイドルのようです(^_^)

ところが熊本市内に入ってから大渋滞にはまりました(>_<)
何とか熊本城にたどり着いたものの、今度は駐車場が満車。
想像以上の熊本城人気に唖然!
連休中ということもあり、県内外からどっと観光客が押し寄せていました。
(かく言う私もその内の一人ですが・・・)
これではいつになったら入れるかわかりません。

ここで緊急家族会議を開き、熊本城に入るかどうかを協議した結果、
外から見るだけでOKとの結論に至りました。

CIMG1395.jpg
外から見た熊本城天守閣

CIMG1397.jpg
熊本城稲荷神社

せっかく目の前まで来たのにもったいない気もしますが、ここはキッパリ勇気ある撤退!
予定していた水前寺江津湖もパスして、福岡へ移動することにしました。

熊本ICから九州自動車道で北上、途中のSAで熊本土産を買うことにしました。

そして広川SAのドッグランでは夢のコラボが実現☆

CIMG1399.jpg
「ギガ?」 
「ピンポーン♪」


CIMG1400.jpg
「お前、こんなところにいたのか?」

CIMG1402.jpg
ギガちゃんが気になる北斗は後をついていきます。
でも襲いかかることはありません。

CIMG1407.jpg
ギガちゃんの本当の名前を聞くのを忘れてしまいましたが、
ギガちゃんの飼主様も思いがけない対面を喜んでおられる様子でした。

CIMG1403.jpg
柴わんこにもごあいさつ

こういう出逢いもまた旅行の楽しみの一つですね。

熊本のお土産バッジ
CIMG1642.jpg


長くなったので今日はこの辺りで

つづく
スポンサーサイト


【フーカママさんへ】
なんという偶然でしょう!
熊本城をパスしたおかげで、ギガちゃんと対面することができました(^_^)v

現在小康状態の阿蘇山に思い切って行ってきました。
草千里からは白煙がはっきりと見えました。
今、噴火したらここまで火山灰が飛んでくるかな~とか言いながら見ていました。
多分、ママさんが修学旅行で行った頃と余り変わっていないと思いますよ(^_-)☆

そうなんですよ。
割とペンション内の通路が狭かったので、急に出て他のお客さんに
飛びかかったりしないようにということみたいです。
他にお客さんがいなければOKだったみたいです。
私も二階抱っこしました。重くて落としそうでした(>_<)


【】
なんと「ギガ」ちゃんとコラボ!!v-425
これは素晴らしい出会いでしたね。

快晴で阿蘇山もきれいに見えて、噴煙も見られて良かったですね。やっぱり旅行はお天気でないとね。
ペンションの中はダッコで移動・・・はちょっと大変でしたね。
他にお客さんがいなければOKなの?

草千里、懐かしい。と言っても修学旅行で行ったきりですがv-397
この記事へコメントする














yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード