≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

昨日は仲秋の名月、そして今日はスーパームーン、
今年はよく晴れて各地でお月見が楽しめそうですね

さて、能登半島の続きです。
七尾市から北西に向かって半島を横断して外浦に出ました。
そして着いた先は、世界一長いベンチ です。

P1020689.jpg
暑かったので帽子をかぶせました。


P1020683.jpg
全長460.9mだそうです。
こんなに長いのに誰も座っていませんでした(^_^;)

P1020686.jpg
夕日観賞には絶好のスポットですね。

そこからさらに北上すること20分。
松本清張の「ゼロの焦点」の舞台となった断崖絶壁、その名も「ヤセの断崖」に着きました。
1961年と2009年に公開された映画のロケ地です。
その昔、周辺の土地がやせていたことや、断崖に立つと身が「やせる」思いがすることから、
「ヤセ」の名がついたと言われています。


P1020692.jpg

P1020708.jpg

P1020693.jpg

海側から見ると崖はこうなっています((+_+)) 高さ35m。
P1020703.jpg

断崖に沿って設けられた遊歩道は、「義経の舟隠し」につながっています。

P1020694.jpg

源義経が奥州に逃亡する際、追っ手から逃れるために舟を隠したと言い伝えられている断崖絶壁の入り江。
義経の舟は小舟だったため、間口5m、奥行き100mほどの狭いスペースに
48隻もの舟を隠すことができたのだとか。

しかし、非常に波が荒く、舟を隠す前に舟が壊れるだろう、とはとうさんの弁。(-_-)

個人的にはヤセの断崖よりこちらの方が怖いです。 スリルを味わい人にはこちらがオススメです(^_^;)

P1020695.jpg

P1020697.jpg
笑ってる場合じゃないよ、北斗。
落ちたら助からないよ(>_<)

P1020704.jpg

断崖絶壁の上に立って冷汗をかいたものの、
駐車場まで歩く間にすっかり冷汗は引き、喉が渇いたのでちょっと給水を。
P1020709.jpg

ヤセの断崖からは半島を南下していきました。

着いたのは機具岩(はたごいわ)です。
機織り(はたおり)の神様の伝説を生んだ夫婦岩です。
機具(機織りの道具)のような岩々からなっている所から名付けられました。
伊勢の二見岩によく似ていることから、別名「能登二見」とも呼ばれているそうです。
能登の機具岩は、高さ16メートルの方が女岩、高さ12メートルの方が男岩です。

ういえば昨年伊勢の二見岩に行ったので、これで夫婦岩は2つとも制覇したことになります。
夫婦円満の御利益はあるでしょうか?(^_^;)

P1020716.jpg

P1020712.jpg
夕焼けがきれいなんだって。

そして機具岩から南下すること10分弱。
能登金剛を代表する巌門に到着です。

P1020739.jpg

P1020718.jpg

波の浸食によってぽっかりとあいた洞門は、幅6メートル、高さ15メートル、
奥行き60メートルもあり、洞門の上には老松が生い茂っています。
P1020736.jpg

周辺を巡る遊覧船もありましたが、台風の影響でこの日は欠航(またか!(>_<))
遊覧船はわんこも乗船可能だったので、残念でした。




P1020729.jpg

P1020735.jpg

外浦観光はここで終了~。 お疲れ様でしたぁ。
この後は道の駅サンセットパーク内灘まで約1時間、海岸線をドライブしました。

P1020740.jpg
暑かったので、頭をクールダウン

風力発電機(ローター)が間近に見えました。
ちなみに北陸にある風力発電機のうち約8割は能登半島に集中しているそうです。
P1020743.jpg


P1020752.jpg
道の駅サンセットパーク内灘でジェラートのカップをペロペロする北斗。

実はここに来たのには訳があって、サンセットパークなら夕焼けが綺麗なのではと思って来たみたのですが、
ここからだと微妙に海が見えないという事実が発覚
家族会議の結果、ここよりも途中通ってきた展望台の方がいいという結論に至り、そちらに移動。

約5分で到着しました。

サンセットにはまだ時間がありましたが、ここでのんびり待つことにしました。

着いた時はまだこんな感じ
P1020757.jpg

P1020756.jpg
幸せの鐘

とりあえず鳴らしておきました。
P1020760.jpg


P1020775.jpg

最初はお座りしていた北斗ですが、だんだん伸びてこんな状態に。

P1020776.jpg

そして40分位経った頃、大学生らしき男子5人組が、
口々に「わ~、見える見える、すげぇ~」と言いながらドヤドヤと展望台に上がってきました。
私は一瞬、チッと思いましたが、ここは貸切りではないのでガマン、ガマン。

そしてお決まりの「どこから来たの?」Qをすると、
「みんな北海道の大学の同級生で、夏休みに実家に帰る途中で石川に旅行に来た」と
言っていました。 
午前中に会ったのも男子学生さんだったし、金沢は男子に人気なんですね。

P1020781.jpg


P1020785.jpg

P1020786.jpg

そうこうしている内に、やっとサンセットタイムが来ました。


P1020792.jpg

P1020796.jpg

P1020800.jpg

P1020801.jpg

P1020802.jpg

P1020803.jpg

海面に太陽の下が隠れ始めてからは、急にスピードが上がったように感じました。

昨日はほんの一瞬しか見られなかった夕焼け、
この日は男子学生5人組とゆっくり見ることができました(^_^;)
男子たちは日没と共にすぐに帰っていき、私たちもほどなくして宿に戻りました。

こうして2日間の能登半島巡りは無事に終わりました。
スポンサーサイト


【みやこさんへ】
我家も以前から行きたかった能登旅行が実現できました。
自然が豊かでのんびりしていて良い所でした。
実際に行ってみると思ったより広いので、移動の時間を考えると
1日では回りきれません。
じっくり見るには2日はあった方がいいと思います。
夕焼け観賞は日没まで1時間待ちました。
1日中あちこちドライブした後だったので、
ゆっくり夕日が沈むのを待つ時間も贅沢なひとときでした。

いつかスバル君と一緒に行ってみて下さいね。




【能登】
我が家にとって能登は未踏の土地なので、興味深く読ませていただきました。
素晴らしい風景ばかりで、いつかはいってみたいです。
最後の夕日が海に沈むのは、雲がなくてステキですね。
【フーカママさんへ】
北陸新幹線が開通しましたから、金沢はすぐですね。(^_^)v
我家も日本海に沈む夕日は初めて見ました。
山の夕景も綺麗ですね。
山のシルエットが映し出されてこれからの季節は特にいいですね。
どちらも好きですv-238

確かにカップルでなくて良かったかな。
カップルだったら私たちが退散しないといけなかったかも?

北斗は男子たちに吠えることなく大人しかったです。

【カムイママさんへ】
能登半島、見所多すぎて、しかも広いので取捨選択が大変でした。
穴場はもっとあるのでしょうが、今回はとりあえずテッパン観光☆でした。

なぎさドライブウェイ、とうさんは絶対いやだ!と言っていました。

厳門洞窟、北斗はへっちゃらでしたね。
でもビビるカムイ君も見たいような気がします。

既に1ヶ月も引っ張っております。
だんだんと記憶が薄らいできてたりします(>_<)
もう少しおつきあい下さい。
【】
能登半島は行ったことがありますが、こんな断崖絶壁は歩かなかったような・・・。
またゆっくり行ってみたいな。

サンセット、素敵ですね。
きれいに撮れています。
山に沈む夕日ばかり見ていますが、サンセットはやっぱり海かなぁ・・・。
せっかく北斗ファミリーでサンセット気分を満喫したかったのに、男子学生が来て残念でしたね。
でも、カップルでなくてよかったかもv-8

【】
濃厚!能登半島編、楽しませて頂いています(*^▽^*)v
能登半島とひと口に言っても、ずいぶん見どころ満載なのですね!
我が家はまだ能登半島は未体験ゾーンなので、
非常に興味深く拝見しています(*^_^*)☆
前回の七尾城址もヤセの断崖も、テレビで見て行ってみたい!と思ってた所です!!
渚ドライブウェイは、残念でしたねぇ~!
でも、あそこを走ったあとは洗車が待ってるから、
ある意味時短だったのカモ?!(^_^;)← プラス思考!(笑)
洞窟を行くほくちゃん!ガンガン進んで、全然ビビってませんねぇ!
カムイなら、絶対ビビって立ち往生するような気がします(笑)
ムービーは、さすが!画像がキレイですね!!うちも欲しいなぁ~!!
次はどこが登場するかな?!楽しみにしています(*^_^*)♪
この記事へコメントする














yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード