≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シルバーウィークのため、またまた更新が滞ってしまいましたが、ぼちぼち再開です。

長野から石川に移動して金沢で朝を迎えました。

とうさんと北斗は5時からどこかに散歩に出かけて行きました。
まあそのうち帰ってくると思い、私は7時頃、一人で近くの海岸を散歩することにしました。
でも留守中に帰ってきたら困るので、一応海岸にいることをとうさんに伝えるために携帯に電話しました。

「今どこ? もうすぐ帰る?」
「まだ、もう少しかかる」
「迎えにいってあげようか」
「いいよ」
「あっそう。じゃあ私は海岸を散歩してるから」と言って電話を切り近くの海岸へ。

すると、数分後に、とうさんから電話がかかってきました。
「やっぱり迎えに来て!」

聞けば、何と北斗と金沢駅まで行ってきたとのこと。 
宿から駅までは8㎞。
ということは往復16㎞!! 
既に7時を回っていて日差しも強くなっていました。
私は無謀な行動にびっくりするやらあきれるやら・・・、
朝っぱらから16㎞も歩かされる北斗が可哀想ですぐに迎えに行きました。
途中まで迎えに行ったので結局16kmまでは歩きませんでしたが、
宿に戻ってからは、とうさんにこっぴどくお説教しましたよ。

そして、気まずい雰囲気で朝食をとった後、今日の予定を確認。
北陸新幹線の開通で大いに盛り上がっている金沢ですが、金沢は以前に一度訪れたことがあったので、
今回は能登半島をメインに回ることにしました。

でも1日で全部を回るのは無理そうだったので、行きたいところに優先順位をつけ、
その結果、輪島の朝市、キリコ会館、輪島塗会館などは端折ることになりました(T_T)ざんねん

朝10時、予定より遅れての出発です。
まず平成25年に無料化になったのと里山海道で白米の千枚田を目指します。
輪島の朝市を横目で見ながら通過し、約1時間半(宿から112㎞)で千枚田に到着。

白米千枚田は石川県輪島市白米町にある棚田です。
日本海に面して、小さな田が重なり海岸まで続く風景は2011年6月に「世界農業遺産」に認定されました。

P1020499.jpg

P1020494.jpg

とうさんと北斗はどこにいるかな?
P1020497.jpg

こっちはどうかな?
P1020500.jpg
※上から1/4のところ、中央にいますヨ

望遠で撮ると、こっちを見てた!
P1020493.jpg

senmaida.jpg

千枚田を後に、海岸線をどんどん北上していきました。

窓岩
P1020503.jpg

P1020505.jpg

垂水の滝
P1020508.jpg

P1020514.jpg

長野で豪快な滝を見てきた後だけに、このちょろちょろの水量にはいささか苦笑してしまいました。
P1020510.jpg

P1020513.jpg

そして珠洲市の塩田に到着。 
P1020519.jpg

P1020520.jpg

P1020522.jpg
現在NHKの朝の連ドラでやっている「まれ」のロケ地だそうです。
 (今週が最終週ですね)

ここから海水を運んできて
P1020527.jpg

この塩田に撒きます。
P1020523.jpg

P1020525.jpg
ここで塩を作るんだって。

P1020536.jpg

P1020535.jpg
この釜で美味しいミネラル塩ができるのですね。

暑いので日陰でちょっと休憩中。
P1020529.jpg

まだまだ先が長いので、ちょっと急ぎます。

この日は台風18号の影響で海は荒れてかなり白波が立っていました。
P1020531.jpg

P1020533.jpg

今度はゴジラ岩を発見!
P1020540.jpg

ゴジラに見えます? よね?
P1020538.jpg

ドライブの途中で間垣を発見。
聞き慣れない「間垣」とは、長さ約3メートルのニガ竹という細い竹をびっしりと隙間なく並べてつくった垣根のこと。
日本海から吹く風から家を守るためのもので、冬は暖かく、夏は陽射しを遮るためとても涼しいのだとか。
先人たちの生活の知恵ですね。
P1020542.jpg

そして、旅籠屋から150㎞、やっと道の駅狼煙(のろし)に到着しました。 
ここに車を止めて、能登半島最先端の禄剛崎灯台を目指します。
P1020577.jpg

きつい登り坂を歩くこと約5分。 禄剛崎灯台に到着です。
P1020544.jpg

禄剛崎


P1020559.jpg


明治時代にイギリス人の設計で造られた白亜の禄剛埼灯台、言われてみればどこか洋風でオシャレな感じです。

P1020562.jpg

P1020565.jpg
灯台の周りを一周。

P1020561.jpg
暑いので給水はまめに取らないとね。


P1020568.jpg
日本海 
能登半島の最先端で、ちょうど外浦と内浦との接点にあたるところです。
「海から昇る朝日と、海に沈む夕陽」が同じ場所でみれることで有名だそうです。

P1020574.jpg
山口誓子の句

さて、輪島の朝市をパスして選んだ禄剛崎灯台を制覇してひとまず目標達成!

後はぶらぶら戻るだけ・・・

すると「見附島」の看板を発見。
取りあえず的な感覚で寄ってみることに。


P1020584.jpg
最初に「目についた島」というのが名前の由来だそう。
先端部分が突き出たその姿から軍艦島とも呼ばれています。

見附島前の広場にいたゆるキャラの「みつけたろう」
P1020581.jpg
北斗がとうさんに抱っこされているのには実は訳があって、
北斗が10m手前で見つけたみつけたろうに爆吠えしながら、後ずさりしたのです。

そう、北斗はみつけたろうが怖かったのです。
爆吠えしたものの、それ以上近づくことができなくて、こうしてとうさんに確保されて
無理矢理そばに連れてこられたという訳です。

P1020590.jpg

P1020588.jpg

P1020585.jpg

で、一度海岸をブラブラして、再びみつけたろう君に会いにいったところ、
P1020582.jpg
この位置までOKになりました(^_^)

暑かったので、売店でアイスクリームを買って、ここのベンチに座って食べました。
そして、みつけたろう君に別れを告げ、金沢に向けて帰っていきました。

宿に着いたら、丁度夕日が沈むところでした。
急いで朝行った海岸に行ったら、なんとか夕焼けをカメラに収めることができました。
P1020593.jpg

往復300km、長い一日が終わりました。
スポンサーサイト


【】
椿家さん(当時はイブ家ですね)も能登に行かれたのですね。
千枚田も塩田も軍艦島も恐らく当時と何も変わっていないのでしょうね。
のんびりしていい所でした。
能登半島、想像以上に大きかったです((+_+))
私の中では敦賀半島くらいかと・・・(^_^;)

日本海に沈む夕日、初めてだったかもしれません。
ほんの数分でしたが見られて良かったです。
【】
白米千枚田 懐かしいです
椿がうちのファミリーになる前、イヴを連れて行ったんです
塩田も、軍艦島も、行きましたー
写真を拝見してると、懐かしく思い出されました
それにしても300km!! 頑張りましたねー
最後は美しい夕日で締めくくりだなんて、
もってますねー yuminさん 
この記事へコメントする














yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。