≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

三連休だった先週末、ビー玉ツアーに行ってきました。
行き先は散々悩んだ末、結局しまなみ海道に決定。
しまなみ海道はもう何度も行っていますが、なんか引きつけられる物があるんですよね。

R2号線を快調に走っていると、カーラジオから「笠岡で菜の花祭り開催中」との情報をゲット。
笠岡? 通り道じゃない?

というわけで、笠岡ベイファームにちょっと寄り道。


CIMG7176.jpg


CIMG7177.jpg


CIMG7173.jpg

5haの満開の菜の花。秋にはコスモスに変身します。

混雑する前に行けてよかった。


ベイファームのドッグランで白わんこを発見。

とうさんが「北海道犬じゃないか?」と言うので行ってみることに。

CIMG7187.jpg

小町ちゃん(♀ 年齢不詳)。
犬種は不明だそうですが、多分紀州犬じゃないかなと飼い主さんは言われていました。



思いがけず菜の花を堪能した後は、一路しまなみ海道を目指しました。



今回の目的地はまだ立ち寄ったことのない因島です。


最初に行ったのは因島フラワーセンター。
以前は有料施設でしたが昨年無料解放になったようです。

ところが、入口にはペット禁止の看板が・・・。 ざんね~ん
いつもは事前にチェックするのですが、なにせ行き先が決まったのが直前で確認する時間がありませんでした。

気を取り直して、次の白滝山に進みました。白滝山までは10分ほどで到着しました。


CIMG7225.jpg


ここは山頂に五百羅漢で有名なお寺がありました。

CIMG7217.jpg


CIMG7192.jpg


CIMG7196.jpg



CIMG7214.jpg



CIMG7193.jpg



CIMG7205.jpg



風はまだ少し冷たいけど、よく晴れて気持ちよかったです。




白滝山の後、因島大橋記念公園に行く途中、はっさく屋の看板を見つけました。
ここはその名の通りはっさく大福で有名なお店です。
他にも商品はありますがお客さんは100%はっさく大福を買っていきます。


CIMG7226.jpg


CIMG7227.jpg



CIMG7228.jpg

CIMG7229.jpg

因島大橋を見ながら、早速はっさく大福を食べるとうさん。
ジューシーなはっさくと大福の甘さがほどよくマッチしておいしかったです。



お目当ての記念公園は思っていた公園とは違いかなり残念な公園だったので、素通り決定。
代わりに大橋の近くの海岸に行ってみることにしました。


CIMG7240.jpg


CIMG7234.jpg



CIMG7233.jpg


CIMG7241.jpg



海水はとても澄んできれいでした。
北斗は遊びたそうでしたが、海水なので後のことを考えて今日はパスすることにしました。



さて次に向かったのは、村上水軍で有名な水軍城です。
小高い山の上に小さなお城がありました。
わんこは資料館の中はNGですが、お城の周りは大丈夫でした。

CIMG7253.jpg


CIMG7244.jpg


CIMG7245.jpg


CIMG7251.jpg

ひと足早く桜が咲いていました。




少し小腹がすいてきたので、コンビニで昼食を調達。

このコンビニの隣には歌手のポルノグラフィティのボーカル岡野昭仁さんの実家の写真屋さんがありました。
私は特にポルノのファンというわけではありませんが、あの歌声は好きです。

CIMG7255.jpg


写真屋さんに用事はありませんでしたが、勇気を出して中に入ってみると、
多分お兄さんらしき男性とお父さんがいらっしゃいました。

そして奥の部屋には、壁一面にポルノの写真やサインやいろんなものが貼られていてまるで博物館のようでした。
そこにはファンとおぼしき男女が何やらノートにメッセージを書いていました。
あとで気づいたのですが、この二人はここで出会っただけでカップルではなかったです。

その間お兄さんが、この写真はいつ撮ったやつだとか、昨日静岡でライブがあったとかいろいろ説明してくれました。
ここで作ったオリジナルストラップもあるよと昭仁さんの写真入りのストラップを見せてくれました(800円)
お兄さんもお父さんもとても気さくで優しそうな方たちでしたが、
私はこれ以上いるとボロが出そうだったので、早々に退散することにしました。

コンビニの駐車場に戻ると、とうさんが先に昼食を済ませていました。
私も急いで食べて、今度は島の南側に行ってみることにしました。

着いた先は因島公園。
展望台に上がると瀬戸内海に浮かぶ島々が一望できました。
しばらくこの景色を見ながら休憩です。


CIMG7265.jpg


もう少し時間があったので、因島の二つ先の大三島に行ってみることにしました。

CIMG7267.jpg

大三島は何度か上陸したことがあり、藤の花を見に来たこともあります。

大三島ICを出るとすぐに道の駅があります。
大三島からは愛媛県です。
愛媛と言えば、みかんですよね。
道の駅にはたくさんの種類のみかんが売っていて、どれにしようか迷ってしまいますが、
今回は、伊予柑とはるみを買ってみました。


その後大山祇神社に行ってみました。

CIMG7278.jpg


大山祇神社の御祭神は、大山積大神で天照大神の兄神に当り、大変由緒ある神社ということです。

境内には樹齢2600年ともいわれる大楠がありました。

CIMG7275.jpg


ここの境内はわんこOKだったので北斗もお参りしてきました。

ちょうど観光バスの団体さんと一緒になって、あちこちから
「お父さん」「ソフトバンクの」と声がしてきました。

CIMG7272.jpg

CIMG7273.jpg


大三島ではもう一つ行きたいところがありました。

それは大漁という食堂で、神社の目の前にありました。

夕方の開店は5時からでしたが、お店の入口に置かれていた順番待ちの紙には、
4時の時点で既に7組の名前が書かれていました。

私は8番目に名前を書きました。

開店まではまだ1時間もあったので、近くの道の駅で時間をつぶすことにしました。

そして5時になり、食堂の前に行ってみると大勢の人が待っていて人気のほどがうかがえました。

CIMG7279.jpg


8番目に呼ばれて早速中に入ると、「はい、こちらに相席をお願いします」と席に案内されました。

写真付きのメニューを見て、そのボリュームの多さの割にはとても安い海鮮丼480円を注文しました。

そして数分後に運ばれてきたのが、これ。

CIMG7280.jpg



う~ん、写真と違うやん・・・ 写真のネタはこの3~4倍はあったはず。どんぶりも小さい。

内心、これなら480円が妥当だろうなと思いながら、無言で食べました。
味は普通でした。

帰りに多々羅大橋の見える海岸に行ってみました。

CIMG7286.jpg


CIMG7285.jpg


日が暮れてだんだん寒くなってきましたが夕焼けがきれいでした。

帰りに福山SAに寄って、暗いドッグランで北斗はひとり遊んで帰りました。 照明、つけて欲しいな~

今回のお土産です。

CIMG7292.jpg

行き当たりばったりのビー玉ツアーでした。

おしまい














































































スポンサーサイト


【琳ママさんへ】
はっさく大福は飛ぶように売れてました。
ジューシーなはっさくがたくさん入っていました。(^_^)
でも白玉粉、砂糖、白あん、はっさくがあれば簡単に作れそう。 
Let's try!v-290

やはり島には独特の空気が流れていますね。
島の多い長崎もきっと同じなのかな?




【フーカママさんへ】
この食堂、島では有名のようですが、我家は2回目はないねと言っています。

この日はまだ少し風が冷たかったですが、北斗にはちょうどいいみたいでした。

小町ちゃん、北斗より一回り小さかったです(多分12kgくらい)が、私も北海道犬かなと思いました。
後ろ足に狼爪があるそうです。
【】
あー、はっさく大福!私も食べたいー!
ジューシーなんですよねv-14
しまなみ海道、天気がよくてよかったですね!
私もまた行きたいです!!
【】
出ましたね。「ビー玉ツアー」。
ワンコ連れのドライブも良い季節ですね。

菜の花公園で逢ったワンコは紀州よりも北海道に近いように見えますね。

海鮮丼のお店は有名なの?
行列が出来るんだからそこそこ有名なのかしらね。

メニューと多少違うのは仕方ないけどあんまりしょぼいとがっかりね。
この記事へコメントする














yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード