≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


陽だまりの丘の紫陽花祭り会場まで行きましたが、
紫陽花も花菖蒲もそれほど咲いておらず、日差しもきつかったので
そのままスルーした後は目的地である出雲に向かいました。

約40分、川沿いの風景を楽しみながらドライブして、旧大社駅に到着。

ここは大正13年~平成2年まで営業していた旧JR大社駅舎です
CIMG1229.jpg


CIMG1252_20170625112659749.jpg


CIMG1230.jpg

中に入ってみました
CIMG1231.jpg


CIMG1232_20170626132646407.jpg
窓口
懐かしい。 昔の駅ってこんなだったな~


CIMG1233_20170626132648da5.jpg
ホーム側にも行ってみました

CIMG1238_201706261333323a1.jpg


線路に降りました(^-^; (ここは廃線です、念のため)
CIMG1234_201706261326499ca.jpg


CIMG1235.jpg

CIMG1243_20170626133334261.jpg
D51とツーショット!
1974年(S49年)まで本州で走っていた蒸気機関車です。


CIMG1244_201706261333353a5.jpg
中にも乗ったよ
(正直、中はかなり老朽化していました(>_<)

ここまで来れば、出雲大社は目と鼻の先。
夕暮れまでまだ少し時間があったので、ちょっと海岸の方に行ってみました。


CIMG1256.jpg

出雲大社の西方1kmにある海岸で、国引きの神話で知られる稲佐の浜です。

旧暦10月の神在月に、全国の八百万の神々をお迎えする
パワースポット的な浜でもあるそうな・・・

CIMG1255_201706261333406f4.jpg


弁天島
CIMG1253_201706261333370f4.jpg


CIMG1254.jpg

基本的に何が落ちているかわからないので、北斗は砂浜立入禁止なのですが、
せっかく出雲まで来たし、パワースポットでもあるので、
ちょっとだけ浜に降りてみました。

CIMG1261_201706261333469a4.jpg

粒子が細かくて、ゴミもなく綺麗な浜でした。
梅雨にもかかわらず、快晴

CIMG1260.jpg
北斗、パワー充電中 


その後、旅籠屋出雲大社店にチェックインしたのは午後5時でした。
途中、寄り道はしたものの、8時間で宿に到着です。

走行距離は250km
頑張ったね~、私(笑)

運転中は後部座席でいい子にしている北斗ですが、
車外に出るとなると、
お散歩バック持って、カメラ持って、お財布持って、車のキーを持って、
そして北斗のリードを持って、もう、大変!!!

北斗の写真を一枚撮るのも大変で、
基本リードを持っての撮影なので、アングルも限られたものに。
もちろん私とのツーショットはナシ!

車に戻ったら、水をやって、足を拭いて、クーラー入れて、ナビを設定して・・・
自分の水分補給なんて忘れてしまいます(;_;)

二人のときより10倍大変!
二人って超楽~~ を実感しました。

宿で一息ついて、夕食の買出しに近くのスーパーへGo。
夕食は宿で北斗と食べることにしました。

買出しから戻ってきて、一畑電鉄(ばたでん)出雲大社前駅に行ってみました。
宿からは2、3分です。
とうさんはばたでんで出雲にやってくる予定です。
CIMG1265.jpg

ステンドグラスの窓が素敵
CIMG1264.jpg

ホームには電車が停車していました。
(これにはとうさんは乗っていません)
CIMG1279.jpg


CIMG1277.jpg


CIMG1262.jpg
青いポスト発見

CIMG1266.jpg
神門通り  この奥が出雲大社

6時を過ぎると人も歩いていません。
この散歩中に、天然酵母のパン屋さんを見つけました。

とうさんが来るのはもっとあとだったので、
一旦宿に戻りました。

CIMG1282_20170626135837e8d.jpg


CIMG1287.jpg
いつもの宿でおくつろぎの北斗君

お気づきでしょうか?
宿での必需品、しましまパンツを忘れてきてしまいました

頼むから、部屋でオチッコしないでよ💦

そして、夜11時にとうさんと再会。
北斗は突然現れたとうさんに最初びっくりした様子でしたが、
いつもの大歓迎ぶりで、金魚のフン状態で
とうさんの後をくっついていました。

我家にとっては1泊2日の短い旅行でしたが、
ある意味中身の濃い、記念すべき旅行となりました。
これで出雲の旅はおしまいです。
それではエピソード2からどーぞ!(なんちゃって

追記
しましまパンツなしでも宿での粗相はありませんでしたのでご安心を!







スポンサーサイト

yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。