≪ 2017 02   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2017 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんぴらさんから走ること約1時間。
次に向かったのは観音寺市にある豊稔池アーチダム。

CIMG0102.jpg


ここは現存する日本最古の石積式マルチプルアーチダムで
大正15年に着工、昭和5年に完成し、平成18年、国の重要文化財(建造物)に指定されました。
85年以上した経過した今でも約500haの農地の水がめとして活躍しています。

CIMG0099_201703251446186a5.jpg

近くに寄っていくとその大きさがわかります。
昭和初期、重機もないし、どうやってこの高さまで積んだのでしょう? 

CIMG0100_20170325144619397.jpg


多連式アーチダムとしては、全国に2つしかない貴重な建造物だそう。
また夏にはユルヌキ(放流)が行われ、季節の風物詩として知られています。

放流
ユルヌキ Ⓒ香川県観光協会

観光案内を見ると、「まるで中世ヨーロッパの古城を思わせる偉容と風格」と書いてあります。
ヨーロッパの古城には行ったことありませんが、こんな感じなのでしょうか。

CIMG0101_2017032514462058a.jpg
今日はユルヌキがなくて残念(;_;)

CIMG0106_20170325144623618.jpg
でもすごいのが見られたね

そしてそこから10分ほど離れた所にある市役所へ。 
休日だったため守衛室に行ってダムカードをいただいてきました。
CIMG0107.jpg
ダムカード、ゲット☆
ダムに行ったらダムカード! 今や常識ですね☆o(^-^)o  カムイ君、もらったよ~


そしてそこから北上し、同じ観音寺市にある琴弾公園へ。
ここは銭形砂絵が有名です。 
北斗が訪れるのは2回目。

山頂まで車で行くと駐車場はいっぱい。 第2駐車場へ行くと、たまたま出る車がいてラッキー!

CIMG0114_20170325151321577.jpg

有明浜の砂に描かれた「寛永通宝」は、東西122m、南北90m、周囲345mもある
巨大な砂絵で、琴弾山山頂から見るときれいな円形に見えます。
ちなみにテレビ「銭形平治」のタイトルバックにもなったそうです。


CIMG0108.jpg


CIMG0111_20170325151319b50.jpg

北斗も見てるけど、この位置だと反射して何にも見えないね(´・_・`)

CIMG0109.jpg
なんか~、なんかな・・・

この銭形を見た人は健康で長生きができ、お金に不自由しないと伝えられているそうです。

近年は銭形を見て宝くじを購入した人が高額をあてたことから金運スポットとして知られ、
またまた多くの観光客が訪れているとか。
毎年春と秋には、市民や地元学生、企業などがボランティアで「砂ざらえ」をし、砂絵を美しく整えているそうです。

この後は、琴弾公園の道の駅でしょうゆ豆とバッジを買いました。

CIMG0166.jpg










yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード