≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

平田観光農園のHPを見ると、食事ができるのは
①カフェレストラン、②BBQ、③ダッチオーブンの森、 ④おでカフェ の4つ。
レストランはペットNGでしたが、それ以外はOK。
ちなみに④のおでカフェというのは、ドリップコーヒーとお菓子と焚き火のセットを借りて、
園内で自分たちでコーヒータイムを楽しむというもの。 なかなかユニークなアイデアです。

で、我家は③のダッチオーブンをチョイス☆
タイトルの‘アウトドア’がやっと登場しました(*^_^*)

ダッチオーブンだけを借りることもできますが、食材や食器などが全てセットになっている方を選択しました。
メニューはチキンカレー&米粉のナンです。

材料をもらって、いざダッチオーブンの森へGo!

CIMG8592.jpg

まずは薪割りから
CIMG8620_20150513184537fef.jpg

新聞紙と細い薪を交互に並べて、火起こしの準備
CIMG8623.jpg

CIMG8625_201505131845407c0.jpg
北斗は火がつくのをガン見していました。

CIMG8626.jpg
途中で薪割りを代わろうと思っていたのですが、結局とうさんが全部やってくれました。ご苦労様。
そして火の番もとうさん担当。
私はその間、野菜を切ったり、ナンを作ったり、テーブルセッティングを担当。

CIMG8628_20150513184723867.jpg
お隣さんもカレーを作っているようでした。
この日は我家を含めて5グループが来ていました。
ダニーズが心配なので、北斗にはビニールシートを敷いています。
(少しはみ出てる?)


CIMG8629.jpg
オリーブオイルで香辛料を炒めた後、骨付きの手羽元を入れ、その後野菜も入れて、水を加えました。
実はこの量、4人分です。
北斗の分?(^_^;)

いえいえ、
実はダッチオーブンを予約した時、
既に小さいのは予約がいっぱいで(多分お隣さんにいってしまったと思われます)、
それより一回り大きいのしかないと言われました。 
その大きいヤツで2人分のカレーを作るのは難しいので、メニューを変えて下さいとも。
だったら量をふやせばいいじゃん!と思って、
家から野菜とカレールーを余分に持ってきたというわけです。

CIMG8630_20150513184726304.jpg


CIMG8632_2015051318472837d.jpg
カレーができるのをじっと待っています。


CIMG8636.jpg
こんなに近づいても火は怖くないようです。


CIMG8637_20150513191534f20.jpg
とうさん、まだ?


CIMG8638.jpg
もうちょっとだからね。
(オイオイ、足が3本はみ出とるやないか!!

CIMG8639.jpg

CIMG8633_20150513184729706.jpg
ナンの材料の米粉と水です。
ビニール袋の中で粉と水をこねこねして、しばし待ちます。


CIMG8652.jpg
ダッチオーブンの蓋をひっくり返して、ナンを焼きます。

ナンを焼いているうちにカレーの出来上がり☆
CIMG8643_20150513192413c3a.jpg
とうさんの手作りのトマトパンとサラダは持参しました。 

いただきま~す♪
CIMG8648.jpg
外で食べるカレーはサイコー☆☆☆


CIMG8654.jpg

森の中はこんな感じ  とうさん、何故かベンチに座らずしゃがんで食べてます(^_^;)

CIMG8662_20150513193146b1d.jpg

カレーは余ることを想定してちゃんとタッパー持参で行ったのですが、
結局2人で全部食べちゃいました。  
恐るべし、アウトドア効果!  


ちなみに、カレーの出来上がりをじっと待ってた北斗がもらえたのは、
とうさんのトマトパンとナンとカレーをきれいにふき取った鶏肉とじゃがいもです。

そしてシートからはみ出ていた時間の方が長かったものの、
その後のダニーズチェックで北斗からダニは検出されませんでした。 ほっ

こうして、久々のアウトドアクッキングにテンションの1日でした。

GW 東編&西編 おわり








スポンサーサイト

既にGWは終わってしまいましたが、めげずに頑張って続きを書きます。

東編が終わり、ここから西編です。

東編から2日空けて今度は西の広島へGo。
当初は1泊2日の計画をしていたのですが、とうさんの仕事復帰を考えて
ビー玉ツアーに変更しました。

今回は、4月に全線開通した中国やまなみ街道(尾道~松江)を記念して初走行してきました。
尾道から海側はしまなみ海道、山側はやまなみ街道、
なんともうまいネーミングですよね。
このやまなみ街道、すごいのはほぼ全線(尾道北IC~三刀屋木次ICまで)無料!なんです。

国道R2の混雑状況を見ながら、福山まで何とか下道でクリアした後、いよいよやまなみ街道へ。
しかし、予想に反してやなまみ街道との合流地点で超渋滞! 
あらま~、出鼻をくじかれた。

15分ほどで渋滞は解消され、一路本日の目的地平田観光農園を目指しました、が・・・。
やまなみ街道が新しすぎてナビに表示されず。
どこのICで降りたらいいかわからなかったので、急遽電話で確認するという、
のっけからツメの甘さを露呈してしまいました。
そこからは迷うことなく、予定より早い10時に無事観光農園に到着。

CIMG8665_2015051209594271a.jpg

CIMG8591_20150512095936469.jpg

CIMG8616.jpg
ここはいろんなフルーツ狩りができるようですね~
GW中はいちご狩りの予約がいっぱいでした。



CIMG8617.jpg

CIMG8619_2015051209594021d.jpg
純和風の建物はレストラン「noqoo」

でも今日はレストランでは食事はしません。 (*レストランはペットNGです)

お昼までに時間があったので、園内を散策しました。

園内で飼っているやぎさんや、
CIMG8594.jpg

ひつじさんたち
CIMG8605_201505121015260cf.jpg

見る前から動物臭に興奮気味だった北斗ですが、ご対面でさらに大興奮
CIMG8608.jpg

CIMG8607.jpg


うしさん(ジャージー牛かな)もいました。 女の子と比べるとその大きさがわかるかな?
CIMG8614.jpg

そして、一番奥には、
CIMG8609.jpg

ここにも藤棚が。
CIMG8597_20150512102230c24.jpg

手入れされているようなされていないような、なんともワイルドな藤棚です。
この前の白毫寺の藤もすごかったけど、ここの藤棚も迫力満点! 
今年は藤の当たり年だな~
CIMG8599_201505121022311cc.jpg
どこが終わりかわからないくらい伸びています。

CIMG8598_201505121030107e6.jpg
北斗がいるの、わかりますか?


CIMG8602_201505121022331a7.jpg


CIMG8603_20150512103013421.jpg

CIMG8600_2015051210301244e.jpg

CIMG8604_201505121030151cc.jpg
笑顔を振りまいている北斗ですが、内心は
「藤はもう飽きたよ~。早くご飯にしようよ~」と思っているのでしょうね。

農園散策を終え、北斗のリクエストに答えてそろそろお昼にすることにしました。

つづく

平田観光農園hp












ビー玉ツアーGW花紀行 東編の続きです。

兵庫県は端から端まで行き尽くしたと思っていたのですが、いやいや兵庫は広い。
まだまだ未知の世界がたくさんありました。
今回は西脇、丹波、三田(さんだ)方面を攻めてみました。

芝桜の花のじゅうたんを(8割は日陰にて)堪能した北斗家は、その後千丈寺湖畔にあるカフェを目指しました。
ここはブログの紹介を見て行ってみたいなと思っていたところです。
が・・・、
実際行ってみると、湖からは離れていて想像とはちょっと違っていたので、立ち寄らずそのまま通過。
(こういうのには慣れているので、余り気にせず)

そして、吉川にある黒滝という滝に行くことにしました。
山田錦の里に車を止めて、歩くこと20分。

CIMG8547_201505101754136d3.jpg
西日が当たって暑かったので、かあさんが北斗に影を作ってあげました。

CIMG8550.jpg

CIMG8551.jpg


CIMG8561_20150510175800d1b.jpg
幅30m、落差4mの黒滝

CIMG8555.jpg
写真では結構な滝に見える?かもしれませんが、
普段落差50m級の滝を見慣れているせいか、イマイチ感動が薄い

CIMG8557.jpg


CIMG8565_20150510175523bb3.jpg

というわけで、歩いてきた時間よりも滞在時間の方が短く、
またテクテクと駐車場まで歩いて帰りました。
CIMG8567.jpg

CIMG8570_2015051017552823e.jpg
途中にあったいちごのハウス。中をのぞくと、美味しそうないちごが成っていました。
ここはいちごの産地のようで、道の駅には地元産のいちごがたくさん売っていました。

こうして散歩メインの黒滝見学を終えて、
早めの晩御飯を食べに最寄りのくら寿司(三木店)へ行く途中に発見したのは?

CIMG8571.jpg
豊臣秀吉の軍師、竹中半兵衛のお墓です。

ここからは三木市のHPからの抜粋です。

羽柴秀吉が三木合戦で播磨に出陣したときには、世にもまれといわれた二人の軍師を平井山の本営において、周到な作戦にあたらせていた。一人はもとの小寺官兵衛で、秀吉が播磨へ一歩を印したとき、みずからの居城、姫路城本丸を提供した黒田孝高。
ほかの一人は美濃 (岐阜県)出身で、織田信長のはからいによって秀吉に属し、近江長浜城などにあって主従を超えた友情に結ばれてきた竹中半兵衛重治であった。

三木城攻防戦がたけなわのころ、竹中半兵衛は胸を病んでいた。秀吉のすすめで京都に移って療養していたが、折からはかばかしく進展しない戦況を案ずるあまり、カゴにのって戦場へ逆もどり。夜半に本営にのりつけた。
「なぜ、帰ってきたのだ。」と問う秀吉にやせこけたホオに不敵な笑みを浮かべて、「陣中で死にたかったまででござる。」くらやみのなかでキラリと目を輝かせたという。

天正7年6月、半兵衛は陣中でなくなった。36歳であった。秀吉は遺体にとりすがり、人前もはばからず泣きくずれたという。
本営のあった山に続いたぶどう畑のまん中。白い練りべいに囲まれて、半兵衛の墓がある。


CIMG8574_20150510175803edc.jpg

CIMG8573.jpg
歴史に名を残すすごい人なのに、意外と小さいお墓にびっくりでした。

そしてくら寿司滞在時間20分(とうさん曰く、寿司はファストフード)で晩御飯を済ませて、帰路に着きました。
CIMG8576_201505101758059e6.jpg
帰りに通った加古川沿いの夕焼けがとてもきれいでした。






白毫寺の藤を見た後は本来の目的地だった三田市永沢寺に向かいました。
舞鶴若狭道を一区間だけ走り、その後は結構な山道を6kmほど上っていきました。
すると、何もない山道から急に開けて、目の前に広い駐車場が・・・
ここも白毫寺に負けないくらい人でごった返していました。

CIMG8545.jpg

CIMG8546.jpg

CIMG8542.jpg
入口付近の売店

目の前には名前の通り、花のじゅうたんが広がっていました。
CIMG8541_201505091501214fe.jpg

CIMG8518_20150509150119089.jpg
ここは全国でも数少ない芝桜専門庭園で、全国から集めた50種類余りの芝桜約1億株が咲き乱れています。
広島県世羅町にも花夢の里ロクタンという芝桜の花畑があるのですが、規模はそこと同じくらいかな?

CIMG8521_20150509151258292.jpg

CIMG8539_20150509151715d50.jpg

CIMG8519.jpg
とっても陽射しがきつかったので、しばらく日陰で休憩
お弁当を食べている人もたくさんいました。

CIMG8522_2015050915125980d.jpg

CIMG8528.jpg

途中で出会った、白柴わんこ。 
CIMG8530.jpg
まだ9ヶ月だそうです。 かわいい~

CIMG8531_20150509151712b84.jpg

CIMG8532_20150509151302287.jpg
ちょっとムキッた白柴ちゃんにも、北斗は優しく接していました。
白柴ちゃんの飼主さんが北斗を見て、
真っ白! 品がある! 立ち姿がかっこいい!等々、いっぱい褒めていただき嬉しかったです。

所々にはこんな置物も・・・
CIMG8526_201505091517103ae.jpg

CIMG8536_20150509151714727.jpg

園内にはたくさんの種類の芝桜が展示してありました。 
こんなにたくさんの種類があるのですね。
区別がつかないけど・・・
CIMG8533.jpg

CIMG8540_20150509152435e25.jpg
暑かったけど、念願の花のじゅうたんに来られて良かったね☆

ビー玉ツアー、もう少し続きます









例年GWの頃は春爛漫。
いろんな所で花の催しが開催されています。

今年は兵庫県の丹波と三田市に行ってきました。

丹波に行く途中で、「日本のへそ公園」という面白い名前の公園を発見!
ちょっと寄り道することにしました。

CIMG8450.jpg

CIMG8451.jpg
なるほど!
兵庫県西脇市は北緯35度、東経135度の地点なのですね。

結構陽射しがきつい
CIMG8452.jpg

CIMG8453.jpg
花時計がきれい

CIMG8462_2015050811412998a.jpg
つつじもきれいです。

CIMG8464_20150508114747cdd.jpg
でもいちばんきれいだったのはこの新緑かな?

この日は27℃くらいでしたが、北斗はハアハア~、とても暑そうでした。
寄り道に余り時間は取れないので公園を一周して車に戻りました。


そして本日の第一目的地、白毫寺(びゃくごうじ)に到着。
CIMG8514_201505081157219a6.jpg

入口には七福神の石仏がありました。
CIMG8516.jpg

CIMG8512.jpg
おっ、藤棚だ!
私はこの藤棚だけでも結構感動物だったのですが、
後でこれはほんの序章で、中には度肝を抜かれるすごいものがあることがわかりました。

CIMG8496_201505081157192c5.jpg
本堂

実はこの白毫寺さん、この日の朝まで存在を知らなかったのです。
別の目的地に向かっていたところ、たまたまガイドブックに載っていたのを見つけて、
お寺に電話してみたところ、藤の花がちょうど見頃とのこと、
さらにわんこも境内OKとのこと ←こっちの方が大事だったりします。 やったぁ~。
というわけでよくわからないけど行ってみようということで、行先変更!

でもお寺に着いたら、臨時駐車場が第5駐車場まであって、しかもそれがほぼほぼ満車・・・。
なんかすごそ~! 期待と不安(混雑)で胸が高鳴ります。

本堂を抜けて奥に進んでいくと、

うわぁ~、ナニコレ~!
CIMG8492_20150508121141f92.jpg

CIMG8499_2015050812114436a.jpg
ちょうどこの日が「白毫寺九尺ふじまつり」の開催初日でした。
だから人が多いんだ 納得。

CIMG8494.jpg

CIMG8502.jpg
よく見ると二段になっています


CIMG8505.jpg
上から見たところ

この藤棚の下はたくさんの観光客がいらしたので、北斗は中には入らず。

別の場所にも立派な藤棚がありました。
CIMG8485_20150508121919911.jpg
とても1本の幹から枝分かれしているとは思えない大きさです

CIMG8487_201505081233051c4.jpg


CIMG8470_20150508121724318.jpg

CIMG8474_20150508121726acc.jpg

CIMG8477.jpg

CIMG8483_20150508121729fe9.jpg

CIMG8468_20150508121917bb6.jpg

境内にはしゃくなげもひっそりと咲いていました。
CIMG8498.jpg

太鼓橋 
上に上がることもできるようでしたが、北斗は遠慮しました。
CIMG8510_2015050812330875f.jpg

CIMG8511_20150508123309571.jpg

このお寺はふじまつり開催中でもわんこOKな太っ腹なお寺でした。
それが可能になるのもならないのも飼主のマナー次第。
これからもずっと続いていってほしいですね。

そろそろ藤の花でお腹いっぱいになったので、次の目的地に向かうことにしました。








 






yumin

Author:yumin
Le Lien(ルリアン) 英会話ルーム

生徒募集中!
楽しく気軽に英会話、
豊富な教材とバラエティに富んだ話題を取り上げています。

場所:岡山市中区  
レッスン日:毎週金2:00~3:30
1レッスン1200円
お問い合わせは下記のメールフォームからお願いします。

**************************
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード