≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

さて、旅も終盤。

あとは岡山目指して帰るのみ、というわけで
途中の道の駅やSAなどでトイレ&お買物休憩しながら帰るつもりでした。


宍道湖西岸の道の駅「湯の川」で足湯に浸かりました。
CIMG1510.jpg


ほどよい湯加減☆ 
でも北斗が待っていたのでカラスの行水でOUT
CIMG1509.jpg
手が痛い私は足湯のみならず手湯もしました(*^_^*)


その後、山陰自動車道に入り、
宍道湖SAでしまねっこのバッジをGET(左)
CIMG1511.jpg
かわいい~


そして、鳥取に向かって走行中、
地図を見て、ふと目に入った文字、

それは・・・

水木しげるロード


水木しげるロードは松江市の東隣、鳥取県の境港市にあります。
実は、北斗と一緒に何年か前に訪れたことがありました。
ですが、そのときは「缶バッジ収集」を始める前のこと。

というわけで、行先変更!
ナビを「水木しげるロード」に設定しなおして、
米子西ICで降りて、北上していきました。

約1時間半で到着。
数年前の記憶を頼りに波止場の駐車場へ。

そして歩くこと約5分で水木しげるロードに到着。

2017061717100001.jpg

マンホールは鬼太郎&目玉おやじ
2017061717000000.jpg

時間は5時くらいでしたが、気温が下がって歩きやすかったです。
昼間だったら多分ムリ!

ぶらぶら歩いていると、

あっ、鬼太郎!!
2017061717140000.jpg


北斗と写真を♡ と思ったのですが、ちょっと無理っぽいので
私が代表してツーショットをお願いしました。
2017061717180002.jpg

この時とうさんが北斗のリードを片手に持って写真を撮っていたのですが、
鬼太郎を見つけた他の観光客がどっと押し寄せてきて、
約10人くらいの人が北斗の周りを囲む、という状況になりました。
中には北斗に顔を近づけてくる人もいて・・・。
とうさんはカメラをのぞいていてその人に気づいていない様子。
私は思わず「あまり近づくと危ないです」と言いました


とうさんはねずみ男と握手☆
2017061717120001.jpg


そして、チワワンともこんにちは☆
2017061717380001.jpg


鬼太郎の前ではうつむき加減の北斗
2017061717260001.jpg


からの・・・ でへっ
2017061717260002.jpg


実は、今回水木しげるロードはリニュ―アル工事中でした。
2017061717390000.jpg

そういえば、ところどころ、ブロンズ像が撤去されていましたが、
お店のおばさんに教えてもらうまで気づきませんでした💦
工事は来年7月まで続くそうです。
詳細は境港市の観光ガイドで確認して下さい。

また工事期間中限定で、一時的に取り外した妖怪ブロンズ像が
JR境港駅前公園に大集結するそうです。(多い時は50体以上)
こちらは来年春までです。

さて、肝心のバッヂですが・・・、

水木しげるロードは境港駅から本町アーケードまで
全長約800メートルの間に、鬼太郎関連グッズや飲食店がたくさん集まっています。

そんな中、バッヂがありそうなお土産屋さんに目星をつけて、

まず1軒目・・・、
ありません。

―― あ~、そうですか。

続いて2軒目・・・、
ありません。

―― まぁまぁ、そうなんですね💦

さらに3軒目・・・、
ないですねぇ、すいません。

―― 鬼太郎のバッヂ、もしかして作ってないの?

アーケードの反対側に移動

4軒目・・・、
バッヂ、ありますよ

―― えっ、ありますか? やったぁ☆

で、とうさん、またまたやってしまいました!

大人買い☆ 
CIMG1518.jpg
厳選の5種類 (他に5種類ほどありました)

その後も他にもあるかもしれないと、
他の店にも行って、見つけたのがコレ↓

デカい☆
CIMG1512.jpg
チョーBigなこのバッヂは直径7.5cm
お目目パッチリ系です。

一応首輪につけてみたけど、普段はつけられませんね。
というわけで、お蔵入り決定デス。

時間的に遅かったことが幸いして、観光客はまばらで(一時的に囲まれましたが)、
約1時間ほど、アーケードをぶ~らぶ~らして、境港を後にしました。

2017061718570000.jpg
米子道 蒜山SA

2017061718550000.jpg
蒜山三座をバックに


2017061719020002.jpg

またまた二人の気まぐれにつき合わされたけど、
出雲は楽しかったよ。 by 北斗


スポンサーサイト

日御碕神社の後向かったのは、2年前からずっと行きたかった所です。
それは長浜神社

「出雲国風土記」の冒頭を飾る「国引き神話」の主人公である
「八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)」を主祭神として祀っています。

出雲大社もそうだけど、出雲って本当に神話の町なんですね。

絵馬はこんな感じでしたよ。


ema.jpg

でも我家が行きたかった理由は、もっとミーハーな理由。
2年前にSBのCMで堺雅人さんとお父さんが出雲の神社に参拝しているのを見て、
ここはどこだろう? 行ってみたいねと話していました。
最初は出雲大社?と思ったのですが、神殿が小さいし、どうも違うらしい・・・
で、ネットで調べてここだとわかりました。

駐車場から長い階段を上っていったところに神社がありました。

CIMG1506.jpg


CIMG1502.jpg

あ~、ここ、ここ。こんな感じだった。

CIMG1492.jpg


CIMG1500.jpg
立派な注連縄です。
綱がこの神社のシンボルだからでしょうか?

CIMG1495.jpg
CMのまねっこをして、北斗も参拝しました。

賽銭箱の横に「写詞(うつしことば)」を書く場所がありました。
国引き故事(出雲国風土記の冒頭)から一文字選んで、木片に書いて奉納します。
とうさんは「命」 、私は「青」 、北斗は「米」 (北斗らしい)を書きました。

駐車場に戻るとそこにニャンコが・・・ この辺りを縄張りにしている感じでした。
CIMG1508.jpg

気づいた北斗はロックオン!☆
CIMG1507.jpg
しばらく大騒ぎでした。

念願の長浜神社の参拝を終えて、
出雲を出発。

この後はゆっくり大山方面に戻るつもりでしたが、
急遽行先変更となりました。


出雲大社参拝の後はいったん宿に戻りました。

今回お世話になったのは、北斗家御用達の旅籠屋出雲大社店さん。
実はこのお宿、出雲大社の一の鳥居の内側にあるんですよ。
出雲大社まで歩いても5分くらいで超便利なロケーション。

旅籠屋の駐車場から見た一の鳥居
CIMG1415.jpg



というわけで、朝の参拝の後、宿に戻ってちょっと休憩、、、
――― しようと思ったのですが、一つ気になったことがあって、

それは、宿の3軒隣にあったパン屋さん。
前日にお散歩してて偶然見つけたのですが、
古民家を改装したような佇まいに、「天然酵母パン」の文字・・・
これは明日絶対行かないと、と思った次第です。

というわけで、割子そばでお腹いっぱいにもかかわらず、
いざパン屋さんへGo!

CIMG1412_20170620110326152.jpg


CIMG1410_20170620110323275.jpg
ブーランジェリー ミケ

CIMG1411.jpg
美味しそうな焼き立てパンがズラ~リ🎵
ハード系、デニッシュ系、定番、おやつ系などなど

普通天然酵母というと、種類が限られるところが多いですが、
ここは結構な品揃えでテンション⤴⤴です。

地元でも人気のパン屋さんらしく、ひっきりなしにお客さんが出入りしていました。
本来はデニッシュ大好き人間な私ですが、
すぐに食べないので、持ち歩きを考えて、今日はあえて、
食パン、一番人気のクレッシェンド、オランダ産ゴーダチーズパン、
大人のメロンパン(コーヒー入り)などを購入。見た目ちょっと地味
初めてのお店ではそのパン屋さんの評価基準としてよく食パンを買います。

食パンは、小麦の風味がしっかりと感じられてとても美味しかったです◎
とうさん曰く、「高級生食パンの〇が美より美味しい」との高評価でした。

気になった方はこちらをどうぞ
ブーランジェリー ミケ


さて、一段落したところで、遅めのチェックアウトをして、出雲観光へ出発~


最初に向かったのは、日御碕灯台です。

海岸線を通って約20分で到着。

CIMG1430.jpg
石造りの真っ白なきれいな灯台です。


CIMG1443.jpg

海面から灯台の頭上までは63.3mと石積みの灯台としては日本一の高さです。

CIMG1436.jpg
高いな~

200円で中に入ることもできます。(今回は北斗がいるのでパスしました)

CIMG1439_20170620112127595.jpg

遊歩道を散策することにしました。
CIMG1446.jpg


海風がとても強く、手で押さえていないと帽子が飛ばされてしまうほどでした。
CIMG1461.jpg


CIMG1445_2017062011213049b.jpg
断崖絶壁
東尋坊を思い出しました。


CIMG1450.jpg

恐れを知らないお二人さん。 風に飛ばされないようにね~

CIMG1452_201706201121343b6.jpg


CIMG1440.jpg

遊歩道の至る所で流紋岩が見られました。
ここの流紋岩は5~10cm大の積み木を束ねたようになっており(柱状節理)、
四~六角柱が組み合わさった幾何学的な形状をしています。

CIMG1448.jpg


風はあっても日差しは結構強くて、北斗は給水中
CIMG1460_2017062011315928b.jpg


遊歩道から灯台をバックにツーショット
CIMG1464_2017062011320280f.jpg


CIMG1471.jpg
北斗、何か見つけた?

CIMG1474.jpg


CIMG1475_2017062011320896b.jpg

風がなければもう少しゆっくり歩けたのですが、
強風のため早めの退去を余儀なくされました。

次に向かったのはすぐ近くの日御碕神社です。

朱塗りの鮮やかな神殿です。
CIMG1488.jpg


日御碕神社は、上の宮(神の宮)と下の宮(日沈宮)に分かれており、
両本社を総称して「日御碕神社」と呼びます。
上の宮は須佐之男命、下の宮は天照大神が祀られています。

伊勢神宮が日本のを守る神社であり、日御碕神社はを守る神社です。

CIMG1483.jpg
下の宮(日沈宮)


CIMG1479_20170620114637f58.jpg

上の宮
階段の上にあるのが上の宮

昨今物騒な世の中になり、
国際テロ、はたまた北の脅威から日本をお守りくださいと
祈らずにはいられません。










今回の旅行は少し変則的な旅でした。
というのも、朝、とうさんを見送った後、私と北斗二人で出雲を目指して、出発!

そして、再び出雲でとうさんと合流して、翌朝出雲大社参拝となりました。

朝7時 二の鳥居前
CIMG1363_20170619152538a4c.jpg


CIMG1360.jpg


CIMG1373.jpg

右手に池があり、アジサイが咲いていました。
CIMG1355.jpg


CIMG1353.jpg


CIMG1357.jpg


CIMG1356.jpg

松の参道もだーれもいません
CIMG1346.jpg


CIMG1376.jpg


CIMG1377_20170619152544227.jpg

至る所にうさぎさんの石像がありました。

CIMG1292_20170619152008f44.jpg


CIMG1294_20170619152010d8e.jpg

ムスビの御神像
CIMG1297.jpg


CIMG1341_2017061916043690a.jpg


御自愛の御神像
CIMG1306.jpg
因幡の白ウサギを助けた神話を元にした像です


CIMG1304.jpg


手水舎で手と口を清めます
CIMG1299.jpg


CIMG1301.jpg

四の鳥居をくぐって、拝殿に着きました。

CIMG1307.jpg
大きいねぇ

CIMG1311_201706191520201fb.jpg


出雲大社では「二礼四拍手一礼」です。
交代でお参りして、北斗も来たことを伝えました。
CIMG1313_20170619152022cd2.jpg

八足門
CIMG1316_201706191546010e0.jpg
この奥に本殿があります。

CIMG1315_20170619154559201.jpg


CIMG1320.jpg

東の十九社
出雲では神在月と呼ばれる10月に全国から
八百万の神々が集まって会議が開かれます。
その時に宿泊されるのがココ。
CIMG1322_20170619154604bf3.jpg
八百万の神様が集まって十九部屋では足りないんじゃないかと・・・
もしかして神様たち、雑魚寝!?

そして、これが本殿 (裏から)
CIMG1323.jpg
60年に一度の遷宮が2013年に行われました。

CIMG1327_20170619154606dde.jpg
そして、ここにもうさぎさんたち

CIMG1330.jpg
素鵞社
大国主命の父神、素戔嗚尊(スサノオノミコト)が祀られている
聞くところによると、出雲大社で一番のパワースポットとか・・・。

CIMG1332.jpg
とうさんと北斗は社を一周して戻ってきました。

CIMG1333.jpg
とうさんにここが一番のパワースポットだと伝えたところ、
「やっぱり!?。社の裏側に何かを感じた」と言っていました。 本当?

CIMG1337.jpg

そして、今度は西の十九社の横を通って拝殿前の牛馬舎に戻ってきました。
(牛と馬は銅像でした)

CIMG1338.jpg


CIMG1339_201706191612080e9.jpg


こうして無事出雲大社の参拝を終え、
近くに朝からやっているお蕎麦屋さんがあると聞いたので行ってみました。
北斗は日陰の駐車場に車を止めて、そこで待機させることにしました。


CIMG1395_20170619161548edd.jpg


CIMG1383_20170619161542bee.jpg

開店したばかりのようで、お客は私たちのみ。
CIMG1389.jpg

とうさんは割子そば5段
CIMG1393.jpg

私は割子そば2段+ぜんざい(そば団子入り)
CIMG1394_2017061916154670a.jpg
おそばは二八そばで、コシが強くとても美味しかったです。
朝からぜんざいは少しきつかったけど、完食しました
そば湯が絶品でした◎

神楽殿の大注連縄は日本最大級
CIMG1400_20170619161549ad2.jpg

最後に神楽殿前で記念のツーショット(ツーショットはこの一枚のみ)
北斗、連れてくれば良かったなぁ(ちょっと後悔💦)

駐車場に戻ると、観光バスが止まっていて、
バスから降りてきた大勢の人がガイドさんの案内を聞いているところでした。
これから中に入るのでしょうね。

早く行って良かった~


そして、今回もゲットしました、記念バッジ!
CIMG1405.jpg


CIMG1404.jpg
これからも良いご縁がありますように







最近ときどき小林麻央ちゃん(親しみをこめて、ちゃん呼び)のブログ「KOKORO」を読んでます。
改めてガンの恐ろしさ、闘病の辛さを知り、陰ながら頑張ってとエールを送っています。
そして、ついでに海老蔵さんのブログをのぞき見することもあります。
こちらは、その更新の多さに唖然とします。
あんなに忙しい人なのに、よくまぁ時間があるものだと感心します。
でも、どこかで今の生活を俯瞰で見る自分がいて、
ブログが息抜きになっているのかもしれませんね。

それに触発された訳ではありませんが、
私もとっととGWの旅行記を書き上げよう!

********************

さて、桃太郎神社の希望が絶たれた我家、
渋滞と長い信号待ちの間に、必死で考え、
行先は、独断で滋賀県の醒ヶ井宿に決定!
主人からはブーイングでしたが、そんなの気にしない。

実際主人は助手席で寝てたので、どこに向かおうと主人にはどうしようもないのです。
そして犬山市から国道21号(高速代節約)を約1時間40分ひた走って醒ヶ井駅に到着。
醒ヶ井宿に行くのは2度めで、前回は夏でした。

CIMG0847_20170609141204a4a.jpg


CIMG0848_20170609141205bdc.jpg

気温が高かったので、北斗には再びクールベストを着せました。
CIMG0850.jpg

梅花藻がほんの少し咲いていました
CIMG0852_201706091412087d7.jpg

梅花藻を見る北斗
CIMG0857.jpg


可憐で可愛い~♡
CIMG0877.jpg


CIMG0855_20170609141210015.jpg




お醤油さんで小休止。
CIMG0868_2017060914205323f.jpg

CIMG0859.jpg

ベンチでしょうゆソフトを食べていると、通りすがりの方から声をかけられました。
CIMG0860.jpg


ちらっ
CIMG0862.jpg


CIMG0866.jpg

お坊さんのように容器をきれいにします。
CIMG0864.jpg
鼻ぶーのぶちゃいく顔が私は結構お気に入りだったりします。

そして、また川沿いを散策。
陽射しはきつかったけど、陰に入ると、
風がスーッと通り抜けて気持ち良かったです。
CIMG0872.jpg


CIMG0873.jpg


できるだけ日陰を歩いて帰りました。
CIMG0874.jpg

まだ日暮れまでには少し時間があったので、
彦根城近くの庄堺公園に行ってみることにしました。
この公園には無料のバラ園があります。

が、行ってみると・・・
CIMG0886.jpg

バラが・・・
ない・・・💦


やっちまったな!
ちょっと早かったようです。

この日咲いていたバラを一挙公開!
CIMG0887_201706091435269f4.jpg


CIMG0883.jpg

CIMG0881.jpg


CIMG0884_201706091435232bf.jpg


CIMG0888.jpg


CIMG0889.jpg

これで全てです。合計6輪 

これはこれで、宝探しのようで楽しかったです(負け惜しみ)が、
きっと今頃は、満開のバラが咲いていることでしょう。


CIMG0882_2017060914352097d.jpg
(こちらは一見つるバラに見えますが、実はバラではありませんでした💦)

約10分ほどでバラ園を後にして、この後彦根市の大渋滞に巻き込まれて、多賀SAに到着しました。

帰りは渋滞回避で多賀SAを午前2時に出発。
7時に岡山の〇イヤル〇ストでモーニングを食べて帰宅しました(笑)。

これで1.5泊 GWカムイ君ち訪問の旅は終わりです。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。






yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード