FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日10月16日は北斗の誕生日です。
10歳のバースデイを迎えるはずでした。

CIMG0423_20181016113357f3c.jpg
バースデイケーキ

CIMG0433_201810161133587f5.jpg
あれっ? ほくちゃん、食べてる!?

CIMG0438_201810161133597a0.jpg


CIMG0448_20181016113401c55.jpg

実はこれは9月30日に前撮りしたものです。
北斗の具合が悪くなり、もしかしたら誕生日が迎えられないかもしれないと思い、主人にケーキを作ってもらいました。
もし今日まで元気だったら、ケーキは改めてもう一度作るつもりでいたのですが、それは叶いませんでした。

毎年、誕生日には主人がケーキを作り、北斗は目を輝かせて、
「これ、ボクの? 全部食べていいの?」とバクバク食べていたのですが、
この日は具合がよくなくて余り食べられませんでした。
でも最後に一緒にお祝いできたので、良かったです☆

誕生日カード
北斗の保険会社からは毎年バースデイカードが届きました


鑑札と狂犬病
鑑札と狂犬病予防接種済証


1016.jpg
皆様からのお花もまだまだ綺麗に咲いて、北斗の周りを飾ってくれています。

子供は子宝、子はかすがいと言いますが、子供のいない私たち夫婦にとって北斗はまさに宝であり、かすがいでした。
仔犬の頃は本当に手のかかる子で、そこらじゅうに粗相をするし、誤飲はするし、甘噛みで手は傷だらけ、頻繁に下痢をし、皮膚炎にもなりました。1歳の誕生日は迎えられないかもしれないと本気で思ったほどです。
それが約10年も生きて、私たちに幸せな時間と思い出とたくさんの出会いを与えてくれました。

北斗は本当に可愛くて、よくなついてくれました(親バカですいません)。
寂しがり屋だったのでボッチの留守番は嫌だったでしょうが、よく我慢してくれました。
岡山の夏は本当に暑く、近年は35℃を超える日もしばしば。
北海道犬にとっては地獄の夏でしたが、よく耐えてくれました。

余命を告げられてからの70日間は、辛く苦しく心が折れそうな時もありましたが、
そんな時も、精一杯生きる北斗が私たちを救ってくれました。
悲しいことばかりではありませんでした。
むしろ、元気な時の方が長かったので、いつも通りの生活が送れることにいっぱい幸せを感じることができました。

うちの子になってくれて有難う。
私たちに北斗の飼主にならせてくれて有難う。
私たちは幸せだったよ。
心からそう思いました。

主人が、ある時これって線香花火なのかもしれない、と言ったことありました。
線香花火は火が消える前に最後に勢いよくパァーッと火花を散らします。
私は、そんな縁起でもないと思う反面、もしかしたらそうなのかも・・・と思ったりもしました。
今までも大切に思ってきましたが、期限を限られたことで、さらに愛おしく感じられ、もっと、もっと大切にしようと思いました。

16日は北斗の好きだったチーズケーキを買ってきてお祝いをしました。
誕生日、おめでとう、北斗☆
全部食べていいよ。
バースデイケーキ

北斗がいなくなってから、夜中に目が覚めると、私たちは夜空を見上げシリウスを探します。
シリウスは、オリオン座の左斜め下に青白く輝く、全天で一番明るい一等星なのですぐに見つかります。

北斗、これからはそこから私たちを見守っていてね☆ ずっと一緒だよ
シリウス星


オリオン

* * * * * * * * * * * * *

10月3日
午前3時頃、主人が仕事に出かける前にトイレをさせたときは少し足取りに力がなかった様子。
昨夜までは元気だったが、調子の波の周期が短くなってきている感じ。
出血のせいでお腹が気持ち悪い様子。食欲はないが朝は何とか頑張って食べる。
止血剤を1日3回にしたいと先生に電話で相談した。
余り効果は期待できないが3回にしてもいいと言われ、朝昼夜と3回投与することにする。

午後6時半頃、主人が帰宅した。
いつもは急いで玄関で主人を出迎える北斗。前日まではそうしていたけど、今日は主人が帰ってきても出迎えは無かった。
でも北斗はリビングに敷いた布団から立ち上がり、帰ってきた主人をじっと凝視したまま動かなかったそうだ。
主人が帰ってくるまでは布団の上で寝ていただろうに、北斗は苦しくても主人を出迎えようと力を振り絞り立ち上がってくれた。主人が北斗の顔を両手でやさしく撫でて背中を何度か撫でてやると伏せをしたままじっとしていたそうだ。
主人が晩御飯を作って食べさせるが食欲は無く残してしまった。
やはりお腹が気持ち悪いのだろう。
豆乳ヨーグルトや鰹節をかけてやると少し食べるが、すぐに食べなくなり伏せをしてじっとしていた。
北斗の夕食が終わったころに私が帰宅した。北斗の様子を主人から聞いた。
おかずの人参をやると食べた。主人が茹でてみじん切りにした人参を作って持ってくると、勢いよく食べてくれた。まだ、食欲はありそうだと安心した。

夜11時、3回目の止血剤を飲ませた直後に呼吸が荒くなった。呼吸が辛そう。
「北斗、しんどいね~。痛いね~。 大丈夫、大丈夫だよ」と言って、手をさすったり、背中を優しくなでてやる。


10月4日
日をまたいで午前12時半頃、起き上がって主人の寝ている方へ歩いていった。
側に行きたいのだと思い、主人の足元の布団の上に誘導してやるとそこで伏せた。

しばらくして主人が目を覚ました。
(後で、どうして目が覚めたのかわからない、多分北斗が呼んでいたんだろうと言っていた。)

息が苦しいのか布団の上で姿勢を変えようとするが力が出ない。
呼吸が増々荒くなり途切れ途切れになる。
私は北斗の眼の前に顔を近づけて「大丈夫、大丈夫、ここにいるからね。北斗といっぱいいろんな所に行けて楽しかったよ。有難う」と笑顔で伝えた。
北斗に泣き顔を見せたら北斗が心配する。 「どうしたの?」って。
泣いた顔は北斗は好きじゃない。笑っていないと。
北斗には私の笑顔を覚えていてほしかった。 
そして私も北斗の笑顔が大好き♡
北斗はじっと私の顔を見ていた。あの目を私は一生忘れないだろう。

突然、走るように四肢をバタつかせ始める。
『北斗、北斗!』と呼びかけ、手のひらで横向きの北斗の頬を支えるが、呼吸が徐々に弱くなるのが手のひらから伝わる。
北斗が最期の力を振り絞り、頭を持ち上げようとした。
その動きが一瞬止まり、次第に力がなくなり支えている手のひらにぐったりと頭を落とした。
『北斗、北斗!』と呼んでももう動きはなかった。

午前1時50分、北斗永眠。享年9歳353日

* * * * * * * * * * * * *

CIMG3619.jpg

hokuto1_201810161308433b2.jpg

また逢う日まで、北斗







スポンサーサイト

思えば、琵琶湖は私たちと北斗にとっては特別の場所です。

ブログで知り合った北海道犬仲間の方から琵琶湖で北海道犬のオフ会をするとお聞きし、
最初は「琵琶湖か~、遠いなぁ」と思いました。
でも、北斗はそのとき既に2歳10か月でしたが、それまで他の北海道犬に会ったことはありませんでしたし、このままではこの先も北海道犬に会えるとは思えませんでした。
こんな理由からオフ会の参加を決めました。
今から7年前のH23年8月のことでした。

第一回めの琵琶湖オフ会

集合1


バンダナ
昴流君の飼主のみやこさんから北斗にバンダナをいただきました

北斗君と
三重の北斗君とW北斗のツーショットです

スバル君と
初めましての京都の昴流君

優香ちゃん
初めましての京都の優香ちゃん

どの写真も懐かしいですね。

そしてこの時のご縁が今につながっています。

* * * * * * * * * * * * * * *

闘病記録とは離れてしまいますが、今まで北斗がお会いした皆様を振り返ってみようと思います。


H23年8月   昴流君とびわ湖バレイと比叡山延暦寺へ

H24年8月   山梨の富士スバルランドで北斗の異母兄弟カムイ君に初めて会い
         富士山5合目まで上る
[264]

[270]

   11月   昴流君と京都のお寺で紅葉狩り
         椿ちゃん&イヴちゃんと舞子浜、三井寺を散策


H25年8月   長野のソラ君の家でカムイ兄ちゃんと再会
         椿ちゃん&イブちゃんと安曇川で川遊び
   
   12月   椿ちゃん&イブちゃんと金剛輪寺で紅葉狩り、近江八幡を散策

H26年2月   椿ちゃん&イブちゃんと箱館山スキー場で雪遊び
CIMG7027.jpg

CIMG6984.jpg

CIMG6963.jpg

    5月   第2回琵琶湖オフ会に参加
         三重のカムイ君と初めて会う

    8月  カムイ君と三重の県民の森で再会
CIMG8679_20181015131815142.jpg

CIMG8702_20181015131816254.jpg


        醒ヶ井宿を椿ちゃん&イブちゃんと散策し、琵琶湖で水泳特訓

        優香ちゃんと再会し宇治の町を散策
140830_140732_20181015131958d74.jpg

CIMG9360_2018101513200169c.jpg

CIMG9392_20181015132002f8f.jpg

140830_160659_201810151320003e5.jpg
優香ちゃん家で寝てしまった北斗

    9月  昴流君と安曇川で川遊び

        カムイ君と伊賀上野城で忍者犬になる
CIMG9743_201810151325573c1.jpg

CIMG9755_20181015132558447.jpg


CIMG9757_2018101513260086e.jpg


    11月 カムイ君と伊勢志摩をめぐる

        三重の宗君に会いに行く

    12月 初めての関東旅行へ
        箱根で、三兄弟そろって初対面が実現する(カムイ兄ちゃんと北斗の異母兄弟の海斗君
CIMG9222_20181015151830cc6.jpg

CIMG9227_20181015151831e16.jpg
カムイ兄ちゃん


CIMG9233.jpg
海斗君と山ちゃん(奥)


CIMG9254_20181015151834ebf.jpg
芦ノ湖畔でランチの後、みんなで記念撮影


H27年2月  カムイ君と淡路島すいせんツアーに行く、手形の瓦焼を作成する

CIMG0039_2018101608523534e.jpg

CIMG0056_201810160852363a2.jpg
   
    5月  カムイ君とおちょぼ稲荷と大垣市内を散策する

        第3回琵琶湖に参加する、神奈川の海斗君&山ちゃんに再会する


    7月  カムイ君と関宿、川遊び、青土ダムを散策する

    8月  椿ちゃん&イブちゃんカムイ君と熊川宿を散策し、安曇川で川遊び

        愛知の華ちゃん&市ちゃんと長野の駒ケ根で川遊び
P1010098_20181015152205448.jpg

        
        長野のソラ君と戸隠キャンプ場で川遊び

P1020115_20181015152913179.jpg

P1020160_20181015152916dff.jpg

P1020150_20181015152913fe8.jpg
ソラ君と

P1020157_2018101515291462a.jpg
フーカママさんが北斗の背中を触ってる


    9月  三重の銚子川でカムイ君、椿ちゃん&イブちゃん豆の助君と川遊び

   11月  昴流君、椿ちゃん&イブちゃんと三井寺でモミジ狩り

   12月  海斗君&山ちゃんと伊豆旅行、時之栖のイルミネーションに行く

H28年4月 カムイ君と岡山で再会。牛窓を散策する

    5月 カムイ家さん宅でBBQ

   10月 椿ちゃん&イブちゃん、岡山訪問。牛窓オリーブ園を散策

CIMG2733.jpg

CIMG2701.jpg

CIMG2716.jpg
椿のお母さんのプレゼント


   12月 海斗君&山ちゃんと江の島、鎌倉を散策


H29年5月 カムイ家さん宅訪問。生後2ヵ月の桃太君に初めて会う

CIMG0670_20181015154221ec2.jpg

CIMG0673_20181015154222988.jpg

       第5回琵琶湖オフ会に参加

       カムイ君と桃太ちゃん、椿ちゃん&イブちゃん、昴流君と安曇川で川遊び

   10月 カムイ君&桃太ちゃんと養老の滝へ

   12月 カムイ君&桃太ちゃんと松阪で再会

CIMG2871.jpg

CIMG2880_20181015153410126.jpg


       海斗君&山ちゃんと浜松城、浜名湖めぐり、
       夜は時之栖フルーツガーデンのイルミネーションへ行く

CIMG3063_20181015153407e18.jpg
浜名湖をバックに

H30年9月 琵琶湖へ  椿ちゃん&イブちゃん豆の助君に再会する       
       北斗は一年4か月ぶりの琵琶湖の風を身体いっぱい浴びた
       前日の雨で琵琶湖は濁っていたが、湖畔やいつもオフ会で集まっていた松林を北斗は楽しそうに散策した
CIMG0339_201810151537179a8.jpg

CIMG0332_20181015153716396.jpg

CIMG0341_2018101515371990b.jpg


これらすべての旅行が7年前のあの琵琶湖オフ会がきっかけで始まったと思うと、
もしかしたら琵琶湖の旅行が北斗の死期を早めたのかもしれませんが、
それでも最後にまた琵琶湖に行けたことは私たちにとっては良い思い出になりました。


北斗と一緒に本当にいろんな所に行きました。 
他にも九州、四国、能登半島、富士山、高野山、伏見稲荷、熊野大社、那智神社、出雲大社、平等院鳳凰堂、三保の松原、阿蘇山、湯布院、韮山反射炉、白糸の滝、飛騨高山、本州最西端、本州最南端・・・

季節ごとに咲く花を求めて、綾部山の梅まつり、広島県世羅町のチューリップ、ゆり園、丹波の芝桜、近所の穴場の桜スポット、三重の藤棚、倉敷のあじさい園、菖蒲園、兵庫のひまわり畑、滋賀のコスモス畑、京都・滋賀の紅葉等々、挙げれば切りがないほど花めぐりの旅にもたくさん行きました。 

北斗と一緒に行った旅行のひとつひとつが私たちの大切な思い出であり財産です。
行く先々で「北斗君~」、「ほくちゃん」と温かい声をかけていただき、
北斗にやさしく接していただいた皆様に心から感謝いたします。

* * * * * * * * * * * * * * *

9月24日
琵琶湖に行った翌々日の朝、散歩に行こうとして北斗の異変に気づく。
歯茎が青白くなっており、慌てて病院に電話するも、早朝のため応答なし。
30分後、病院から電話があり、北斗の容態を説明し、病院に止血剤を取りに行く。
止血剤(トラネキサム酸)を5日分をもらう。 
先生から「今日一日が危ないです。あと一週間のうちに何かが起こるかもしれません」と言われる。
今日が、山?
あと一週間? 
急いで家に帰り、北斗に止血剤を投与する。
北斗は一日、横になっていたが、止血剤で何とか一日を乗り切る。


9月25日
北斗は少し落ち着きを取り戻し、歯茎の色も少しピンク色になる。
肝臓への圧迫を避けるためにご飯を1日4回に分けてやることにする。

9月27日
夜、北斗の歯茎がすごくピンク色になる。爪もピンクになり、止血剤が効いてきたと思われる。
ソファに飛び上がるほど元気になる。 良かったぁ。
0928.jpg


9月28日
止血剤(トラネキサム酸)がなくなったので、病院に一週間分を取りに行く。
先生に歯茎の色がピンク色に戻り、元気も出てきたことを説明する。
「良い色になっていますね」と言われて少しホッとする。
良くなったり悪くなったりを波のように繰り返すが、段々と周期が短くなり、段々と弱って・・・
先生はその先をはっきりとは言われず、私に気を使われているのがわかった。
次の止血剤も絶対に取りに行く!と心に誓う。
その夜から北斗の元気がなく余り食欲がない。トッピングをして何とか完食させる。

9月29日
一日ずっと寝ている。ご飯は何とか食べる。

9月30日
朝から食欲がない。動くのがつらそうでじっと寝ている。
あと2週間で10歳の誕生日、それまで頑張れ、北斗!
またまた台風24号が夕方に最接近。もう台風はウンザリ。
おかげ犬のお見舞い
おかげ犬がお見舞いに来たよ

24日の異変から5日めの29日にまた具合が悪くなり、ご飯を食べなくなった。
今までやってきたことは間違いだったのか、この先続けても無駄なのでは、と心が折れそうになる。
あきらめることは希望を捨てること。元気になると信じて続けることが大事!
あきらめてはいけないと自分に言い聞かせる。

10月1日
何かが起こるかもしれないと言われた一週間が過ぎた。
朝、北斗がベッドに飛び上がってきた。目に力があった。
昨日と打って変わって今日は調子が良さそう。
庭の草取りの間、北斗を庭に出す。北斗が外に出たそうだったので少しだけ歩く。
歯茎は昼間白かったが夜にはピンク色になっていた。
CIMG0465.jpg

 
10月2日
朝は歯茎が白っぽい。低血圧だからか・・・。
食欲はあり4回のご飯を完食する。
庭にトイレに出たとき、外に出たそうに門のところで立ち止まったので外に出て少し歩く。
嬉しそうに外の空気を吸っている。

CIMG0460_2018101514421902c.jpg

北斗と眞さん
夜は主人にピタッと背中をつけて寝ている。
思わず目頭が熱くなる。





8月25日に血液検査をし、貧血気味ではあるけれど、
血小板の数値は良く、出血はしていない様子で、
先生からも「状態は安定していますね」と言っていただきました。

余命2ヵ月と宣告された北斗ですが、1ヵ月経っても元気そのもので、
一体いつ具合が悪くなるんだと不思議に思われている方もいるかもしれません。
実は、まだまだ元気なのです。

9月に入り、北斗の元気がいよいよ半端なくなってきました。
まるで疲れを知らない子供のようにソファでクルクル回ったり、
コングやミッキーの手をくわえて延々と遊んでいます。
手術前と比べても明らかに元気で、さらに言えばそれは未だかつてない程で、
私たちも信じられないくらい元気なのです。

遊んだ後20907


9月2日
こんなに元気ならドライブもできそうということで、午前中、私の実家に北斗を連れて行きました(片道40分)。
実家の母と妹は手術をした北斗をとても心配してくれていたので、元気になった北斗を見てもらいました。

安東家1

9月3日
台風21号の影響で夜中3時半に北斗が風の音で起きてウロウロしはじめました。
翌4日、台風21号が接近し、またまた暴風警報が出ました。
が午後に解除され、仕事に出かけました。
北斗はひとりでお留守番でした。


9月5日
術後初めての自転車散歩をしました。
もう自転車は無理だろうと思っていたのですが、北斗が4㎞歩けるようになったので
今度は私の体力がついていかず、実に40日振りの自転車散歩でした。
最初は距離は短めでしたが、北斗はしっかりとした足取りで走りました。


9月7日
お昼過ぎ、おしっこのついでにちょっと家の周りを散歩した際に首輪がはずれて北斗が逃亡しました。
ご近所のあちこちの庭に入り、臭い嗅ぎをして逃げ回りましたが、約15分の逃亡劇の末、無事確保。
幸い、物を壊したり、北斗が怪我をすることもなくホッとしました。
内心、そんなに走れるようになったんだとちょっと嬉しかったりもしました。


9月8日
今度は主人の実家の母の元へ北斗を連れていきました(片道1時間半)。
ここでも北斗はいつも通り、私たちがご飯を食べている側で、何かくださ~いとずっと催促していました。

下山家3


下山家2


そして手術から1か月半が経過し、散歩は毎日4km、相変わらず元気いっぱいに走りました。
快食快便でどこも異常はなさそうに見えました。

一日一日北斗との生活を大切にしていこう。
明日のことは考えず、今日北斗が元気なことが一番大事。

今がいちばん幸せ。
私たちはそう感じました。 This is the happiest time with Hokuto!

余命宣告されて、絶望の淵に立たされ、どんどん弱っていく北斗をただ見守るしかないと思っていました。
それが、全く予想していなかった奇跡が起きたのです。

私たちは年末に長崎旅行を計画することにしました。
先生は2ヵ月と言ったけど、それ以上生きているわんこはたくさんいるはず。
スクールの白血病のわんちゃんも3年も生きてるそうだし。
北斗だって、北斗だってきっとこのまま元気で、旅行にも行ける、そう信じていました。


9月18日
北斗の歯茎が再び白っぽくなりました。
私は鶏レバーを少しフードに入れることにしました。
レバーを食べると吐いたり、下痢をしたりする子が多いらしく、
また食べ過ぎるとビタミンA過剰になるので、最初は親指の第一関節くらいから始めました。
北斗はレバーが好きなようで完食しました。
それから毎日レバーを一日一片入れました。
レバーは痛みやすいので、スーパーの肉屋さんに頼んで少量(2個ずつ)にしてもらいました。

しかし結果的にはレバーは余り効果はなかったようです。
なぜなら、鉄分が不足しているわけではなく、体内で出血しているからです。
出血を止めない限り、いくら鉄分を補充しても効果なしというわけです。


9月21日
北斗の歯茎の色が薄いので動物病院で血液検査をしてもらいました。
ヘモグロビン、血小板共に減少しており、もしかしたら出血が始まっているかもしれないので、止血剤(アドナ)を処方してもらいました。

CIMG0315_20181014181948b94.jpg
耳垢がたまっていたので、耳もクリーニングしてもらいました

そして、9月の連休に琵琶湖までロングドライブに出かけることを計画し、
滋賀の椿ちゃん&イヴちゃんと豆の助君に会えることになりました。









8月20日
朝の散歩は30分。呼吸が少し荒いように感じました。 
少し歩いただけでハァーハァー。いつもはこんなことはないのです。
気温が高いせいかなとも思いましたが、ちょっと心配。


8月21日
動物病院に次の抗がん剤(3回分)を取りに行きました。
その際、先生に北斗の呼吸について相談しました。
もしかしたら肺に転移しているかもしれないから、胸部レントゲンを撮った方がいいですねと勧められました。
家に帰ってから夜、台風の風に北斗がビビッて落ち着かず、私も夜中に起こされ寝不足になりました。


8月22日
私は北斗の呼吸の乱れと抗がん剤の投与の時期が一致したことが気になり、抗がん剤を中止しました。
先生には相談しませんでしたが、元々抗がん剤の使用も飼主が決めたことなので、やめます、と言えばいいと思いました。
代わりにこの日から紅豆杉というサプリを始めました。 
学会でその効果が発表され、いろいろな大学病院での実績もあったことから紅豆杉の使用に踏み切りました。

夕方、主人と2kmの散歩をしました。
私はそんなに歩いて大丈夫?と心配になりましたが、家の門の前でなかなか中に入ろうとしない北斗。
お散歩大好きな北斗です。

お散歩1
お散歩2


8月23日
台風20号、接近! 
ここのところ気象庁は簡単に「暴風警報」を出しますが、今回は空振りでした。
おかげで北斗のビビリもありませんでした。

8月24日
朝から激アツ! 気温36℃。
でも北斗は元気に庭を走り回りました。
呼吸は前より落ち着いてきた様子でしたが、歯茎はまだ白っぽかったです。
(歯茎の色は、ヘモグロビンの数値のバロメーターです)
CIMG0163_20181013181742a1e.jpg

8月25日
抗がん剤の副作用の検査のため血液検査をしました。
呼吸は少し落ち着いてきたこともあり、胸部レントゲンは見合わせることにしました。
レントゲンは、本当に、本当に大変なのです💦
貧血を示す数値は出ていませんでした。が、北斗は元々血が濃いので以前と比べると相対的に貧血状態にあるとのことでした。
先生は抗がん剤の副作用とは言われませんでしたが、私は多少あったのでは、と思いました。
バランス食に努めるように指導されました。
あとは、クレアチンが2.2と少し高くなっていました。
これは腎臓の数値です。
やはり私の心配は的中してしまいました。高タンパクのフードのせいだと思われます。
この後、少し蛋白質を減らすことにしました。
CIMG9937_20181013183552eaf.jpg


その後もご飯のレシピは北斗の状態に合わせて何度も作り直しました。
CIMG0633.jpg


正直、合っているのかいないのかわかりませんでしたが、
一ヵ月後の血液検査ではクレアチン値は2.0まで下がっていました。

みらいのドッグフードに変えて2週間が経過。
腸内バランスが良くなり、便の回数が増え、毛並みが柔らかくなりました。

8月26日
気温35℃。まだまだ猛暑は続きます。
散歩は短めにしました。
朝、コングをくわえて主人とじゃれあって遊びました。とても元気です。
このままずっとこの状態が続いてくれることを心から祈りました。

8月28日
手術からちょうど1か月が経ちました。
今日まで順調に回復してくれたことに感謝です。

8月31日
この日は主人が夏休みでした。
北斗の手術から1か月が経過し、今日まで元気でいてくれたことをささやかにお祝いしました。
主人の手作りケーキを北斗はとても喜んで食べました。

CIMG0239_201810122226371a2.jpg


CIMG0229_201810122226366c3.jpg


CIMG0248_20181012222639686.jpg
飼主もケーキを買ってきてご相伴にあずかりました

こんなに元気になってくれて本当にありがとう、北斗♡

思えば10日前くらいからとても元気がいいのです。
今は腫瘍が眠っているのか、紅豆杉が効いているのか、
βグルカンが免疫力をアップさせているのか、
酵素が効いているのか、
はたまた私たちの想いが北斗を元気にさせているのか全然わからないけれど
このまま、どうかこのまま、続いてほしいーー
そう願わずにはいられませんでした。

CIMG0253.jpg

会えてよかった、本当によかった
あなたの笑顔に出会えてよかった
いつも輝いて 北斗
キラキラ輝いて その笑顔♡

(ネットか何かで見つけた素敵な詩、ちょこっとアレンジしました。)









北斗は7月28日に脾臓摘出手術を受け、一命を取り留めた後、劇的な回復をしました。
が、細胞診で血管内に悪性腫瘍が見つかり、余命宣告されました。
病名は血管肉腫、その余命は2ヵ月でした。 

私は聞いてもいない余命宣告をした獣医の先生を恨みました。
目の前にいる北斗は手術の傷が癒えて、どんどん元気になっているのに。
そんなこと信じない、信じられるわけない。

その日から一日24時間、北斗のことが頭から離れませんでした。
特に通勤途中の車の中ではどんどんネガティブな方向に気持ちが引っ張られていきました。
時にはこれから仕事だというのに車内で涙することも。

ダメダメ、こんなこと考えては。

北斗はまだ生きている。

最後まであきらめずに最善を尽くす。そして結果は受け入れる。
私は心にそう決めました。

* * * * * * * * * * * * * * * *

北斗は10月4日未明、夜空に輝く一等星シリウス(天狼星)に帰っていきました。
今日は10月12日、祭壇には北斗の北海道犬友達の飼主様から
いただいたたくさんの花に囲まれた北斗の遺骨があります。
まだこれが現実のものとして実感できずにいます。

いつかは来るのだろうと思っていたいつかが、こんなに早く、こんなに突然にやってくるなんてーー。
でも愛犬の死に、心の準備は入りません。
なぜなら覚悟していても何の役にも立たないからです。
それは想像をはるかに超えた悲しみやつらさであり、
覚悟していても決して減ることはありません。
だから覚悟なんてする必要はありません。

でも、皆様の北斗への弔意と心温まる励ましのお言葉のおかげで、徐々に元気になっています。

手術を受けてからおよそ70日。
私たちは北斗とかけがえのない幸せな70日間を過ごしました。

その70日間の闘病の記録を残しておきたいと思います。


8月8日
8月7日に診断名を聞いた私は、翌日から「犬 血管肉腫」「腫瘍」「癌」についてネットを片っ端から調べまくりました。
PCに向かいながらも、あのときもっと早く北斗の異変に気づいていたら、こんなことにならなかったのに。
後悔ばかりが私の頭をよぎりました。

そして、自然の森製薬の腫瘍対応ドッグフードコルディを注文しました。
ドッグフードは高タンパク、高脂質で、10種のキノコ類、紅豆杉を含む36種類の栄養成分の入った薬膳フードです。
コルディは免疫力を上げる冬虫夏草サプリです。

良いのか悪いのかわからない。
でも何かしないと・・・。藁をもつかむ思いでした。

手術をしてから既に10日以上経っていました。
早く来て、早く・・・。 一日でも早く始めないと、私は焦っていました。

8月11日
10日にコルディ、11日にドッグフードが届き、北斗の療養食が始まりました。

CIMG0023.jpg


CIMG0022_201810121739284da.jpg

ドッグフードと並行して食事療法の本も読みあさり、フードに免疫力を上げる野菜を混ぜることにしました。
胃腸の負担を極力減らすため野菜をフードプロセッサーでペースト状にしてドッグフードに混ぜました。
しかしフードプロセッサーは野菜の酵素を壊すと言われたので、すぐに微塵切りに変えました。

かいわれ大根のように見えるのはブロッコリースプラウトです。
この他、白菜やひじきや生姜のすりおろしも使いました。

CIMG0299_2018101217422103b.jpg


CIMG0300.jpg


CIMG0302_20181012174224088.jpg


CIMG0303_20181012174226377.jpg

北斗はご飯を残さずモリモリ食べました。
私たちは一日2回このご飯を作り続けました。
最初は慣れていないので作るのに30分くらいかかりました。
でも大変だけど、嫌ではありませんでした。
北斗が喜んで食べてくれると思うと、むしろ作るのが楽しいくらいでした。
そのうち要領を得て、15分ほどで出来るようになりました。
主人もフード作りは積極的に手伝ってくれて、とても助かりました。

しかしこのフードには一つ不安要素がありました。
それは蛋白質量が39.5%と高いことです。
がん細胞は糖質をエサにすることから、糖質の含有量を極力
抑えている代わりに、蛋白質と脂質の割合が高くなっているのです。
以前腎臓の数値が悪くなった北斗には低蛋白質(20%以下)のフードを与えていました。
1年ほどで数値は基準値に戻りましたが、先生の指導もあり、その後も低蛋白質食を続けていました。
それがいきなり40%近いフードになると、また腎臓が悪くなるのではという心配がありました。
そのため野菜やおから等の食物繊維、亜麻仁油、ココナッツ油を混ぜて全体の蛋白質比を下げるようにしました。

8月13日
お盆でしたが病院が開いていたので、手術から16日め、抜糸をしました。
傷もちゃんとくっついていました。
そしてその時、先生から血管肉腫と今後の治療について説明がありました。
何通りか治療方法を説明されましたが、北斗には抗がん剤とアガリクス
(キノコの一種で癌に効果があるβグルカンが多く含まれる)のサプリを使うことにしました。

8月14日
術後初めての散歩へ行きました。 初日から2㎞も歩きました。
CIMG0046_20181012173632c61.jpg
前足にはまだ手術の時に毛を剃った後があります


CIMG0049.jpg
久しぶりに公園のポールでステップ歩行の練習をしました


CIMG0062_20181012173636faa.jpg

CIMG0061_20181012173635032.jpg

夫婦二人そろって散歩に行くのは久しぶりでした。
今日からはできる限り一緒に行こう!

その日から毎日散歩に行き、距離も徐々に伸ばしていきました。

CIMG0081_20181012215730d6b.jpg


8月16日
午後4時半、第1回目の抗がん剤サイクロフォスファミドを投与(1/2錠)しました。
抗がん剤の取り扱いは非常に難しく、まず薬に素手で触れてはいけない、
投与後は北斗の排泄物、唾液に触れてはいけないと言われました。

抗がん剤は分裂細胞(骨髄細胞、腸の粘膜細胞、毛根細胞)を一様に障害するため副作用があります。
そのため、投与後1~2週間後に血液検査をして副作用の検査をすることになりました。


8月18日
午後、手術で輸血をしてもらったお礼に北斗がお世話になったスクールに伺いました。

供血してくれたグレートデーンのパウダーちゃん(5歳)にも会うことが出来ました。
CIMG0115_20181012215417b34.jpg

北斗を助けてくれて本当にありがとう

そこで白血病の子に飲ませているという酵素を教えてもらいまいした。
その子はもう3年も生きているそうです。

それが万田酵素ペット用 と OMX(これはヒト用)です。
帰ってからすぐに注文し、OMXは21日から、万田酵素は23日から開始しました。

CIMG0486_20181012181415bd3.jpg

8月19日
この日の散歩は4km歩きました。

CIMG0126_2018101221573658d.jpg

そして午後、第2回目の抗がん剤を投与しました。
その後も北斗は元気に過ごし、毎日散歩に行きました。

CIMG0172_201810122157388bb.jpg


CIMG0084_20181012215731d26.jpg


CIMG0099_201810122157336a0.jpg


CIMG0184_20181012215739ac1.jpg

手術の痕も順調に治り、食欲もいつも通り、
見た目には抗がん剤の副作用はないように見えました。

本当に北斗は元気そのものでした。

CIMG0106_20181012215734051.jpg


























yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)
H30年10月4日 シリウスに帰る 
9才353日

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。