FC2ブログ
≪ 2018 08   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2018 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回の北斗の脾臓破裂に至るまでの体調や体つきの変化を振り返ってみようと思います。


4月1日 
0401.jpg
約4か月前。
桜を見に行った日。この時はまだくっきりとお腹のくびれが見られる

4月22日の血液検査では異常はなし。


4月30日
0430.jpg
GWに四国(高知)旅行に行ったとき。この時もまだくびれている。


5月5日
0505.jpg
GW後半。 帝釈峡にて。


6月14日
0614.jpg
近くのしょうぶ園にて。
前の写真からは1か月以上経っているが、まだくびれは見える


6月22日
0622.jpg
ドイツの森にて。ドッグランを歩いている。
少し膨らんでいるのかな。


6月23日
0623.jpg
前の写真の翌日。赤穂御崎にて。 桜の写真と比べると、膨らんでいるように見える。


7月7日
0707.jpg
岡山に大雨特別警報が出た日。 家の周辺の様子を見に行った。
前の写真から2週間後。


7月14日
0719.jpg
手術の2週間前。 ウエスト回りが太くなっているのがわかる。

7月14-16日まで香港の学生さんのホームステイがあり北斗の写真が余りない。

7月24日(1)
0724-1.jpg
手術4日前。 寝転んでいるのでよくわからないが、やはりお腹はふくらんでいるように見える。
この時点で体重を計っておくべきだった。 恐らく増えていたはず。

7月24日(2)
0724-2.jpg

そして、7月27日夜、主人がお腹の膨らみの異変に気づき翌日病院へ。
歯茎は真っ白になっていました。これは貧血によるものだと思います。

時系列的に追っていくと、6月中旬までは脾臓はまだ膨らんでいないように見えます。
7月に入ってからの写真は少ないけど、恐らく7月から徐々に大きくなってきたように思います。

1週間前に体重を計ったときは16.2㎏でいつもと変わらず。
それが当日は17.3㎏になっていました。
この一週間で加速度的に何かが起こったのだと思います。

そして前日は朝の散歩を拒否しました。
私は暑いから行きたくないのだと思って、その日の散歩は中止しました。
恐らく、この日に脾臓が破裂して出血していたのだと思います。
ご飯は5日くらい前に一度だけ欲しくない素振りがありましたが、
これも夏バテのせいかと思い、トッピングに鳥肉をやったら完食しました。
それ以外は前日まで普通に食べており、嘔吐下痢もありませんでした。
おしっこもウンチも異常はなし。

以上のことから、私なりに振り返ってみると、

・3か月前は異常はなし。
・お腹は1か月前くらいから徐々に膨らんできていた ←この時点で病院に行ければベスト
・脾臓破裂前の2、3日はお腹が異常に膨らみ体重は一気に増える ←非常に危険、即病院へ
・北斗は脾臓が破裂してから散歩を拒否しました ←非常に危険、即病院へ
 (もっと早く元気がなくなることも)
・貧血で歯茎が真っ白になる ←非常に危険、即病院へ
・嘔吐下痢はなし。
・食欲も変化なし。

破裂すると出血し続け、貧血状態になり、
ついにはショック状態で意識朦朧となり、手遅れになる。

今だから冷静に振り返ることができるけど、
1日遅れていたら私は一生後悔の念に苛まれていたに違いないです。

だから同じことを繰り返さないために、
そして少しでも皆様のご参考になればと
自戒の念をこめて書き残しました。




スポンサーサイト

① 朝9時、病院へ

2018年7月28日(土)、お腹がとても膨らんでいたので朝9時に主人と病院に連れていきました。

この日は混んでいて診察は10時前になりました。

まずは体重測定。
16.1㎏。

あれっ?
朝、家で測ったときは17.3㎏ありました。
一週間前に計ったときは16.2㎏だったので一週間で1㎏以上増えたことになります。
この時点でおかしいと思いました。
そのことを先生に告げると、もう一度測定しなおして、結果17㎏。
1回目は寄りかかって測定したようでした。
なので17㎏が正解。

そして血液検査のための採血が終了。
問題はレントゲンです。

2年前の検査で一度レントゲンを撮りましたが、その時の北斗の暴れようといったら・・・
私も一緒にレントゲン室に入り、抵抗する北斗を4人がかりで押さえて何とか撮影。
その時、二度と北斗はレントゲンは撮らせないだろうと思いました。

なので、私も先生もレントゲン撮影には超後ろ向き。
でもこの日は何が何でも撮らなければならない状況で、
意を決して私と主人と先生と看護士さんと4人体制で挑みました。

最初は私と主人二人で静かに横倒しの態勢にしようとしましたが、
なかなか横にならないので、結局4人で横倒しにして頭と足を押さえつけました。
いつもならこの時点で最大限の抵抗をする北斗ですが、意外にも余り抵抗せず。
後で考えると、抵抗力がないくらい弱っていたということです。

こうして胸部、腹部、仰向けと3枚のレントゲンを撮りました。

20分程して、検査結果が出ました。
北斗と主人が車で待機し私一人で結果を聞きに行くと、
ご主人も一緒に聞いてくださいとのこと。

えっ、マジで・・・
嫌な予感

そして、血液検査とレントゲンの結果を細かく説明していただきました。

3か月前の血液検査と比較して、

ヘマトクリット値 57.8%→23.1%
血小板数    232k →30k

ヘマトクリット値の減少は貧血を意味し、血小板の激減は出血を意味します。
血小板は止血に使われるので、ここまで減少するのは、止血が追いつかないくらい、
どこかで血液が垂れ流し状態になっていると思われます。

そしてレントゲンでは脾臓が膨れているのがわかりました。

先生は、脾臓が膨れて、膜を破って破裂し、
そこから出血して腹腔内に溜まっている状態と説明されました。

そして先生から告げられたのは、緊急手術でした。 
成功率は70~90%。
この数字で正直少し気持ちが軽くなりました。
成功率は高い。

ところで脾臓って何?
名前を聞いたことがある程度で、その働きについては全く無知でした。
先生にうかがうと、
白血球や血小板を中心とした血液成分の貯蔵や
古い赤血球を破壊して、新しい血液を作る材料となる鉄分を取り出し、
血液を作っている脊髄に送る 等
ちょっと難しくてスルーしてしまいましたが、
結論として、無くても構いません的な臓器ということです。

本来ならこの後、超音波(エコー)で調べて、
脾臓の状態や他の臓器も調べるのですが、
北斗の場合、検査だけで興奮してしまい余計に出血する恐れがあるので
それは避けた方がいいというのが先生の判断でした。
なので、開腹して他の臓器も調べるということでした。

手術って、今日? 今から?
思わず、聞き返しました。 「いつですか?」と。
先生は「今日です」と。

そして、血小板の数値が手術できるギリギリラインであること、
手術中のもしもの事態を考えると輸血が必要ということでした。
しかし動物には血液バンクというものはなく、その都度、
輸血できるわんちゃんから血液を提供してもらうとのことでした。

幸い、北斗が仔犬時代に行っていたスクールと病院が懇意にしており、
問い合わしていただいたところ、献血していただけることになりました。

そして同意書にサインをして、一緒に手術費用の見積書をいただきました。


②午後2時、北斗、脾臓摘出手術開始
約1時間半待って、午後1時半、準備が出来ましたと診察室へ呼ばれました。

そこでまず心電図をとりました。
心電図の結果は不整脈はなく良好でした。
お尻から体温計を入れて体温測定。(何度だったかわかりません)

輸液と輸血用の針を刺すため両足の毛をバリカンで刈られました。

そして、いよいよ手術室へ。
「できる限りのことはします」と先生のお言葉。
「はい、お願いします」と言った私の脳裏には
できる限りのことをしてもダメな場合もあるということだと解釈しました。

麻酔が効いたらお呼びしますと言われました。

待合室で待っていると、15分位して麻酔が効いたと知らされ、
「手術時間は約2時間の予定です、終わったら電話しますから、
近くにいて下さい」とのことでした。

手術が始まったら私たちにはどうすることもできません。
ただ先生と北斗を信じて待つのみです。

お昼ご飯がまだだったので、近くの回転寿司に行きました。
余り食欲はありませんでした。
二人でお会計は1000円でした。

そして病院から数分の所にコメダ珈琲があったので、そこで待つことにしました。
昨年松阪で行って以来、人生2度目のコメダ珈琲です。

時間ばかり気になり、数分置きに時計を見てしまいます。
手術開始から1時間が経過。

もし、今電話がかかってきたら、
開腹したけど余りにも状態が悪く手の付けようがなく、
何もせずにお腹を閉じたということだよね。
逆に2時間経っても電話がなかったら、
何か予想外のトラブルがあったということだよね
と悪い方ばかりを想像してしまいます。

最近旅行に行った時の写真を見比べて、
北斗のお腹の膨らみを確認したり、
ここ一週間の北斗の行動を思い起こしたりしていました。

確かに北斗からのサインはいくつも出ていました。
ご飯を食べない、散歩を拒否るなど、
それに気づかなかった、いや気づいても何もしなかった私は飼主失格です。

そして前日の夜、主人が北斗の身体や歩き方を見て異変に気付き、
翌朝体重を計って、17㎏あったときはさすがにおかしいと思い、即病院に行きました。

そして、4時、ちょうど手術開始から2時間後に先生から電話がありました。

ヨシッ、時間通り!
私は心の中でガッツポーズ!!

手術は無事終わり、もう麻酔も半分切れている状態です。
病院にお越し下さいという事でした。

③手術は成功
病院に着くと、北斗はエリカラをして、足には点滴がつながれてケージに入っていました。
目力のあるいつもの北斗でした。
先生方が処置をしようにも、手が出せないと言われました。

そこで、まず薬をチーズに包んでやりました。
とても苦い薬だそうですが、うまく飲み込みました。

その後、点滴をしたまま診察室へ移動し、残りの点滴と注射を何本か打ち、座薬も入れました。
これは痛み止めだと思われます。

そして、先生がおもむろに手にしたのが摘出した脾臓と出血した血液と血腫でした。
脾臓は何か液体の中にあってよく見えませんでしたが、かなり大きな塊でした。
脾腫にはいろいろ原因があるそうですが、現段階ではまだ原因はわかりません。
これから病理検査に出すとのことです。

私は先生に「あとどのくらい遅かったら(命が)危なかったのでしょうか?」と
聞いてみました。
先生の答えは私の想像よりはるかに悪く、
「もう明日とか・・・」というものでした。

何ということでしょう。
明日だったら、
もうここに北斗はいないということ?

今は、それ以上は考えたくないです。

本当に助かって良かった。

本来なら、手術をした日は入院して、経過観察と術後の処置をするそうですが、
中にそれができないわんこが2割いると言われ、
北斗はその2割のうちの一頭でした。

なぜなら、先生が近づけない。近づくと威嚇する。
興奮すると良くないからです。

先生の言われるのもごもっとも、私たちは北斗を連れて帰りました。
そして台風12号が接近する中、翌日また病院に行くことになりました。


◇◆ ほくちゃんの長い一日 ◇◆ 北斗の目線

朝車に乗って、今日はどこに行くのかな~?
えっ、病院? 嫌なところダ!
診察? 注射? 絶対嫌ダ~。

うわっ、まだどこかに連れて行かれた(レントゲン室)
お、おさえるなっ。
でも今日はちょっと力が入らないよ、どうしてかな?

何度も診察室と車を行ったり来たりして、その度に注射されて
もう帰りたいよ~。


極めつけは全身麻酔で、2時間の手術。
だけどこの間は眠っているので、意識がない。

目が覚めると、点滴の管をつけられてケージに入れられていた。
ここはどこ? ボク一人?
父さんは? 母さんは?

手術後、私たちにご対面~、
あ~、良かったぁ。どこ行ってたの~?

なんかお腹がいつもと違うんだけど。
でもちょっと軽くなってる。 

そしてまた注射。
お尻になんか(座薬)入れられた!
何するんだ、もうやめてくれ~

そして午後6時、やっと車に乗って帰路に着く。

なんて日ダ!!

とまあ、こんなところでしょうか。
実際はもっと苦しかったと思いますが、
北斗の気持ちを再現してみました。


本当に思ってもみない事が起こりました。
いつも、いつも北斗のことはよく見て触っているつもりだったのですが、
実際は何も見ていないし、何もわかっていませんでした。

生き物を飼う責任を改めて考えされられた気がします。


旅行最終日の朝を迎えました。
例によって朝散歩に出かけた北斗ととうさん。
帰ってくるなり開口一番
「富士山が見えるよ」

「うそっ」

私も急いで上着を着て外へ。

そしてとうさんの指さす方を見ると

CIMG3127.jpg
おお~! 富士山だ~ 

旅籠屋浜名湖から富士山までは直線距離で約170km
静岡でも富士山の見えない所はあるよね~と今回は富士山は諦めていたのですが、
これでかろうじて連続記録(5年)を更新することができました

旅籠屋でコーヒーと美味しいクロワッサンをいただいて、いざ出発

まずは東名高速の三ケ日ICを目指し、
最初の新城PAに立ち寄りました。
いつの間にか静岡から愛知県に入っていましたが、
ここでは静岡茶のお茶まんじゅうとうなぎパイ、うなぎサブレの詰め合わせを購入。
うなぎサブレは初めてでしたが、とても美味しかったです。(うなぎの味はしません)

そこからどんどん西に向かい、着いたのは愛知県常滑市。
以前から行ってみたいと思っていた所です。

CIMG3132.jpg
常滑市陶磁器会館前の招き猫とパチリ

ここでやきもの散歩道のマップをGET。
1.6㎞のお散歩コースを歩きます。


CIMG3133.jpg


CIMG3134.jpg
おお~

いきなり、眼の前に現れた陶器の土管群

CIMG3140.jpg
巨大招き猫とこにゃん発見☆ 横6.3m×高さ3.8m

CIMG3139.jpg
とこにゃんの周囲は柵があって、これ以上近づくことは出来ません

CIMG3145.jpg
陶器の廃材を利用した坂道 

CIMG3146.jpg
なんかスゴイ!


CIMG3149.jpg
北斗、白いきょとん!?状態

CIMG3151.jpg

土管坂に着きました
CIMG3153.jpg

見たかったのはコレ!!
CIMG3154.jpg
明治時代の土管と昭和初期の焼酎瓶が左右の壁面をびっしりおおっています。
坂道には廃材を敷き詰め、滑らないように工夫されているそうです。

CIMG3155.jpg
道幅は狭く両側から迫ってくる感じ。 長さ的には思っていたより短かったです(50mくらい)


マップを頼りに迷路のような路地を通っていき、水琴窟に到着です。
CIMG3158.jpg


CIMG3160.jpg
北斗、聞こえる?

水琴窟からすぐ登窯に到着。
1887年頃に築かれた窯で、日本で現存する登窯としては最大級だそうです。
登窯の内部も見学できます。
CIMG3165.jpg


CIMG3162.jpg

煙突のある広場に出てきました
CIMG3166.jpg
散歩道の途中には陶器のギャラリーやお店はもちろん、雑貨店やカフェもありました


CIMG3169.jpg
ちょっとベンチで休憩

眼の前にパン屋さん発見☆
CIMG3167.jpg
ちょうどお腹もすいてきたので、ここでパンを買ってランチをすることにしました。

ハード系のパンが多く、もちもちとした食感で美味しかったです。

少し休憩した後は、またてくてくと歩いて陶磁器会館まで戻りました。

岡山には備前焼の町、伊部がありますが、
また伊部とは違った趣の焼き物の町で、楽しめました。

manekineko.jpg
まねきねこピンバッジをGET


このあとはまたまた一度行きたかったあの場所へ。

CIMG3174.jpg
かねふくめんたいパーク


CIMG3179.jpg


CIMG3176.jpg

中に入ると、めんたいこパラダイス
想像以上にめんたいこ色が強い!
CIMG3173.jpg


CIMG3172.jpg
めんたいミュージアム入口のタラコン博士とタラピヨ


CIMG3171.jpg
試食コーナー 
出来たて生からし明太子が食べられます


めんたいこ好きにはたまらないめんたいパークですが、
実は我家の目的はめんたいこではなく缶バッジ。
でも残念ながら缶バッジはなかったので、代わりにシールを購入。
シール
これはこれで、ぷにぷにしてて可愛い

ここからは、中部国際空港セントレアを後ろに見ながら、知多横断道路に入りました。
いつの間にかこんなところまで来てしまっていました。
ちょっと感動!

そして、途中ちょっとしたアクシデントはあったものの、無事帰路に着きました。

今年は例年に比べて短い旅行でしたが、北斗と楽しい旅が出来て良かったです。
冬の旅行は人間には寒いですが、逆に北斗の暑さ対策の心配をしなくていいのでだいぶ助かります。

旅先で会った皆さん、有難うございました

終わり

舘山寺の散策を終えて、同じ舘山寺エリアにある天然石アクセサリーの店でちょっとお買物。

そして本日最後のお楽しみは、はままつフルーツパークのイルミネーション

イルミ好きの私は3年前、御殿場の時之栖のイルミネーションに行って以来、
旅行先にイルミがあると必ずお邪魔しています。
今回も海斗家さんをお誘いしたところ快くご一緒していただくことになりました。 Thank you☆
しかし、わんこは入場できませんでした
御殿場は入れたのに、どうしてだろうね。

というわけで、飼主だけでLet’s go!
CIMG3090.jpg

日が暮れるのを待って会場へ

CIMG3107.jpg

CIMG3096.jpg

時之栖といえば、噴水ショー・・・ですが、この日はわんこが待機のためミニ噴水で我慢
CIMG3097.jpg

家康くん
CIMG3098.jpg

直虎ちゃん
CIMG3099.jpg
いろんな所に出没しています

CIMG3091.jpg
150mの光のトンネル
これも御殿場にありましたね~。
でも御殿場の方がキレイだったと思うのは私だけ?

CIMG3106.jpg
天井にはぶどうや桃のイルミが飾ってありました。フルーツパークならではって感じです。

CIMG3092.jpg
まだ時間が早かったせいか、それほど人がいませんでした。
海斗ママさんと、御殿場の方が混んでたけどあっちはわんこOKだったよね~とブツブツ・・・

CIMG3104.jpg

七色に変化する大階段
CIMG3101.jpg

15mのくすのき
CIMG3108.jpg

ペガサスの引くゴンドラに乗りました
CIMG3112.jpg

最後はフルーツイルミの前でハイチーズ☆
CIMG3118.jpg

御殿場と比べるとこじんまりした印象でした。
あっという間だったので、光のトンネルを二度通ったくらいです(^-^;
しかも御殿場は無料(噴水ショーは有料)だったけどフルーツパークは入場料700円です。
私、クレーマーになってます?

まぁでも700円でこれだけのイルミネーションが見られたので、ヨシとしよう。
700円では100球のイルミも買えませんからね💦

思ったより早く終わったのでわんこたちにとっては好都合でした。

ここで海斗君&山ちゃんファミリーとはお別れです。

今日一日、浜松観光をご一緒していただき本当に感謝、感謝です。
砂丘、お城、浜名湖、イルミなどなど、とても楽しい一日を過ごすことができました。
またお会いできることを楽しみにしています

そうそう、今年は海斗ファミリーさんからこんな素敵なプレゼントをいただきましたよ。

CIMG3196.jpg
意外と難しい・・・

CIMG3194.jpg
おっ、北斗ができてる!

CIMG3197.jpg
☆完成☆ 

バックは富士山&芦ノ湖(ちと、わかりずらい・・・)です。 

つづく





この日のランチは海斗ママさんと打合せをして、
浜名湖畔にあるわんこOKのラーメン屋さんワコーに行くことにしました。

浜松城から約30分、舘山寺温泉街の中にあるワコーは
ちょっとわかりにくかったですが、やっとのこと駐車場に着いてみると、
「今日は年末でお休みなんですよ~」とお店の人。

「うそっ💦」

定休日はチェックしていたけど・・・、

またまたやってしまいました💦

ワコーのわんこOKのテラスはこんな感じ。 テラスといっても室内でストーブもありました。
CIMG3036.jpg

というわけで、急遽他の場所を探して、
舘山寺園さんという和食の店に行くことにしました。
ワコーからはほんの2,3分で、ここもテラス席はわんこOKです。
CIMG3041.jpg


CIMG3042.jpg
既に門松が飾ってあります。


そしてテラスに行ってみると、結構寒い。
CIMG3043.jpg
テラスからの眺めはサイコー!なんですけどね。

協議の結果、わんこたちは車でお留守番にすることにしました。


CIMG3039.jpg


CIMG3040.jpg

注文したのはこんな感じの和定食

ランチ後はわんこを連れて、舘山寺周辺を散策しました。



CIMG3046.jpg
お寺の飼い犬? とても人懐こいラブちゃん

ここから遊歩道?を約10分ほど歩くと、見晴らしのいい場所に到着。
CIMG3062.jpg
浜名湖(東名高速の橋)

しかし、足場はゴツゴツした岩場で、うっかり足をすべらせると湖にドボーン💦
CIMG3051.jpg


CIMG3053.jpg
結構危ない所に座ってる山ちゃん

CIMG3057.jpg
海斗君

そこから、もう少し行くと、ちゃんとした展望台がありました。なーんだ・・・
CIMG3063.jpg
全員集合!

舘山寺に戻ってきました
CIMG3065.jpg


CIMG3067.jpg

本堂の奥にはものすごく大きな天狗のお面がありました。
CIMG3068.jpg

そして、すぐそばに鐘撞堂がありました。
一打100円で、わんこも一緒に入っていいと言われたので、みんなで突くことにしました。
CIMG3083.jpg


まずは海斗家さんから。
見えませんが、海斗君と山ちゃんも一緒です。
CIMG3073.jpg
グォーーーン!
大きな音に海斗君と山ちゃんがびっくり!


そして我家の番
CIMG3077.jpg
グォーーーン!
残響が鳴り響きます

境内でちょっと休憩
CIMG3086.jpg

上の写真を別のアングルから海斗パパさんが撮るとこんな感じになりました。
DSC_0765.jpg
ギョギョギョ~~
海斗君がガリバーになってる!!

ラーメン屋さんには入れなかったけど、
皆で舘山寺散策を楽しめて良かったね。

つづく











yumin

Author:yumin
岡山県在住、
現在夫婦+北斗+かめ2匹でのんびり暮らしています。
----------------------------------
*北斗について*
H20年10月16日生、北海道帯広出身、
登録名:天狼星(シリウス)

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。